個人商店が集客効果の高いマーケティングに取り組む1つの方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なぜか「マーケティング」が苦手という方は多いです。人によっては横文字に拒否反応を示していまう方もいらっしゃいます。ここでまずはマーケティングという言葉についてカンタンに説明させていただきます。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。参照:ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/マーケティング)

たしかにむずかしいですね。このようにあらためてマーケティングという文字を眺めると拒否してしまう気持ちが理解できます。つまりシンプルに言い換えれば「ひたすら価値を高めろ」という話です。

個人商店が集客効果の高いマーケティングに取り組む1つの方法とは

個人商店であっても大企業であってもマーケティング活動に大きな違いはありません。異なるのは「個人商店は取り組むための予算が少なく、企業規模が大きいと予算に余裕が出るという点」に尽きます。

言葉を選ばずに言うと「個人」はお金がありません。仮に法人の規模になればある程度の運営資金も確保できますが個人ではどうしてもそういうわけにいきませんよね。しかし、方法は2つしかありません。

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

1. お金をかける
2. 時間をかける

先述した通りマーケティングは「価値を届ける行為」です。何かしらの“価値”を届けた結果、その対価として一定数の方がサービスに申し込んだり、商品を購入したりといったコンバージョン(成約)に至ります。

どんな時代もマーケティングは常にシンプル

結論としては「お金がなければ時間をかける」。ただそれだけです。あなた自身が動ける可能な限りの時間をうまく使ってマーケティング活動に取り組みましょう。マーケティングには色々な種類があります。

・コンテンツマーケティング
・ダイレクトマーケティング
・ニューロマーケティング

上記3つのマーケティングはすべて効果的な手法なので自分なりに全部を組み合わせるのがおすすめです。以前に別の記事で「マーケティングとブランディングの違い」も書いているのでぜひご参照ください。

大切なのは“自分なりのマーケティング理論”を使って『どこに時間をかけるのか?』です。

たとえばブログで月に1万PVを稼ぐには「ジャンルの選び方」が何よりも重要となります。参入するジャンルによっては50記事で1万PVを達成できることもあれば、300記事でも1万PVに至らない場合があります。

ちなみにブログでいうPV(ページビュー)は、Youtube動画でいう再生数と同じと考えてください。テキストを主体としたブログも、映像を主体とした動画であっても見られるのはコンテンツ(中身)です。

時間がなければ「お金をかける」

マーケティングでもっともまずいのは「お金も時間もない」という状況です。もし仮に「予算が1円もなく、動ける時間も1時間もない」となれば解決策はありません。かならず「どちらか」が必要です。

本記事では個人商店に絞っていますので最低限時間だけは確保しましょう。特に個人であればコンテンツを軸としたマーケティングがもっとも効果的です。以前にもコンテンツマーケティングについて詳しく解説させていただいた記事がありますのでぜひ併せてお目通しくださいませ。

以下の記事はタイトルで「企業向け」となっていますが「個人」でも考え方はまったく同じです。

- 新コースでワードプレスを学ぶ【AD】-

コンテンツマーケティングに取り組む企業が得られる3つのメリット

コンテンツは永続的に仕事をしてくれる

コンテンツマーケティングの良いところは「コンテンツが仕事をする」という点です。

ブログでもYoutubeでもどちらにしても『過去に作ったコンテンツ』は公開している間はずっと閲覧ユーザーに情報を届けてくれます。コンテンツは公園に設置されている“遊具”に少し似ています。

もし公園に1つも遊具がなければ“誰かが遊ぶ相手”をしなければなりませんが適切な遊具(コンテンツ)があればその場所を閉鎖してしまわない限りはずっと使えます。まさにコンテンツを作り貯めるメリットと同じです。つまり、価値の高いコンテンツを作っておけば実質無人での接客が実現します。

コンテンツの量=成果ではない

よくある勘違いは「コンテンツを作ったらかならず成果が出る」という思い込みです。

上記でリンクを貼った別の記事内でもお伝えしたように、もしあなたが八百屋さんを運営しているなら「肉好きな人」を集めるより「野菜好きな人」を集める方が成果が生まれやすくなります。

とはいえ八百屋さんで取り扱っている野菜にも優劣のランクはあるので「野菜を好きな人」すべてが興味を持つわけではありませんよね。コンテンツと成果はイコールではない点をよく理解しておくべきです。

おすすめのコンテンツマーケティング

もしどんなコンテンツマーケティングに取り組むか迷っているならまずはテストマーケティングとしてオウンドメディアかブログを立ち上げましょう。ウェブサイトはワードプレスで構築すればOKです。

そして1ヶ月間ざっと運営してアクセス解析と検索エンジンの順位を見て次なる作戦を練ってください。アクセスが順調に伸びてPVがすぐに数千PVに到達するならそのままウェブサイト運営を継続しましょう。

仮に伸び悩んでいるなら立ち上げたサイトの方向性が一般的な需要とマッチしていない可能性も考えられます。またコンテンツによってはテキスト主体より映像主体の相性が良いこともあります。どういったキーワードで上位表示を狙っていくかは現在の競合数も関係してくるので繰り返しの事前調査が大切です。

まとめ

あなたは「将来のお客様」へ適切な価値を届けられていますでしょうか?もし仮に八百屋さんだとしたら、経験豊富なあなたなりの独自見解で「野菜の栄養論や美味しい食べ方」を誰よりも知っているはずです。

コンテンツマーケティングでは些細な何かがきっかけでお客様になる可能性もあります。常に学びつづけて自分なりのアウトプットを継続する。そんな姿勢が結果的に良いスパイラルを生み出していきます。

誰かからもらってばかりの人ではなく、無条件で与えられる側の人間になりましょう。行動力がすべてです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください