最低限の手数料で自前オンラインサロンを構築するときに注意する点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はオンラインサロンを個人で立ち上げる際の注意点について詳しく解説いたします。時代も進み今や会員サイトの代名詞である「オンラインサロン」。オンラインサロンにはさまざまな運営形態がありますがもっとも一般的なのは定期課金システム(サブスクリプション課金型)を導入した会員サイトです。

最低限の手数料で自前オンラインサロンを構築するときに注意する点

個人でオンラインサロンを立ち上げる際に考えておくべき点を6つにまとめました。当記事ではオンラインサロンは「会員サイト」として解説しています。もちろん「会員サイト」と言っても色々な種類があります。今回はワードプレスを使って「有料会員のみが特定の記事を閲覧できる仕組み」で解説いたします。

1. 定期決済ごとに上乗せされる手数料はどれくらいなのか?

有料会員になるには月500円等サイト側が指定した額を毎月支払ってもらう必要があります。

ワードプレスであれば月額費用は自由に設定可能です。5000円にもできますし、1万円でも構いません。金額は会員メンバーが納得できる内容であれば問題はありません。ただ、月額費用よりも気をつけたいのが手数料。つまり決済ごとにいくらの手数料が上乗せされるのか?といった運営側の視点です。

もし10%とられるのであれば500円のうち50円は手数料として決済会社に払わなければなりません。仮に月額手数料が10%だとした場合。1000円の月額費用なら実質の利益は900円になる計算ですね。

ちなみに僕たちが推奨しているシステムの手数料は3.6%です。もし1000円が月額料金ならたったの36円。10%とられるシステムと3.6%のシステムでは最終的に手に残る金額が大きく異なります。

毎月継続的に課金される仕組みがオンラインサロンなので手数料は想像以上に大切です。もし会員サイトを立ち上げられる際はぜひ「手数料」に着目してみてください。数が増えるほど大きくなる点は見落とせません。

2. サブスクリプションシステムの利用料で別途料金が発生しないか?

上記で解説した「手数料」以外で定期決済システムの利用料金が必要なサービスがあります。

まず会員サイトで手数料以外に必要な料金といえば「レンタルサーバー代」です。それ以外で考えられる利用料は定期決済システムのレンタル費用です。導入する定期決済サービスによっては手数料を大きくとるサービスもありますが、逆に手数料は安くても別でシステム利用料として費用が発生するサービスもあります。

3. 決済後に会員としてサイトに参加する方法は?

一般的な会員サイトでは「決済後に届くメール」内にある専用URLから本登録作業を行います。

もちろん、メールをクリックしただけで本登録になるわけではなく、メールURLをクリックして仮登録となってサイト管理者が「承認」を行ったら正式なメンバーとして参加することができる流れです。

設定次第では管理者の承認作業を飛ばして、メールURLをクリックして登録を行った時点で「正式メンバー」扱いにすることもできます。このあたりは運営するサイトの方針によって微調整が可能です。

4. 毎月の決済時に各会員にメールが届かない仕様かどうか?

会員サイトでは毎月クレジットカードから一定額の請求がかかります。もし仮に「月500円で参加」できる会員サイト(オンラインサロン)なら毎月500円が自動でクレジットカードに請求がかかります。

注意しておきたいのはサービスによって「毎月決済を行うたびにお客様のメールアドレスに決済通知が届く」システムもあるという点です。会員サイトでは決済ごとでメール通知を行う必要も特にないですし、退会率を低くしたいなら毎月の決済ごとにメール通知を届けない方が良かったりもします。

毎月の決済ごとにメールで決済結果を届けるかどうかはサイト管理者の考え方次第ですが、個人的には毎月の決済ごとにメール通知が届くのは確認も面倒なのでクレジットカードの明細上だけで良いと思ってます。

5. 会員を退会したいときはどういった手段が用意されているのか?

会員サイトを立ち上げるときにメンバーが退会する手段をどうするか?も重要です。

・管理者にメールで連絡して退会申請をする
・サイト上の専用の退会フォームから連絡する
・マイページから退会できる機能を実装する

退会ができないサービスは問題外ですが、退会する方法さえ用意されていれば基本的には問題ありません。退会した月末までは会員サイトを使えるようにして月末に定期課金をストップしたり、参加者が損をした気持ちにならない仕組みであれば喜ばれます。メール連絡後にレスポンス良く返信をする心がけも重要です。

6. 会員がメンバーを招待したら報酬が発生する仕組みはあるのか?

会員サイトでは「メンバー」が「メンバー」を招待したら報酬が発生する仕組みも導入できます。

しかし、招待で報酬が発生する仕組みを導入したければワードプレスで会員サイトを構築する必要があります。カンタンに言えば「自社型アフィリエイトセンター」ですね。導入すると喜ばれる仕組みです。

メンバー1人につき1000円の報酬させたりと金額は自由に決められます。またメンバーごとに専用のマイページで報酬確認(今月は何人を招待したか?等)もできるのでより便利な会員サイトになるでしょう。

まとめ

本日は会員サイトを構築するときの注意点をご紹介いたしました。本格的な会員サイトは「メンバーごとでログインができる」仕組みなのでオンラインサロンとして活用することも可能となっています。

もっとも手軽な会員サイトであれば「全員で1つのパスワード」を共有するという方法もあります。しかし、参加者1人ひとりの満足度を高めるためには各自でログインができるシステムの方が喜ばれます。

音楽(動画)配信サービスや、飲食店のサブスクリプションを利用するユーザーがどっと増えた今、あなた自身がサブスクを提供する側に回ってみるというアイデアも面白いです。ぜひご検討くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する