Discordに表示されるLegacy Username Badgeの意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

最近はコミュニティ運営にDiscordが活用される場面も多いですよね。ディスコードはオンラインチャットツールでオンラインゲーム用のコミュニケーションでよく使われていて利用者も徐々に増えてきています。

ただ、多機能がゆえに使い方や意味がわからない項目があったりと操作で戸惑ってしまう場面もあるはずです。下記では新しく追加された「Legacy Username Badge」についてざっとご紹介させていただきます。

Discordに表示されるLegacy Username Badgeの意味とは

スマホ用のDiscordアプリ側から「自分自身のプロフィール設定」に入ると下記の項目が表示されていますよね。結論から言えば「親切心で#付きの旧ネームを残しておくかどうかを選べる機能」となります。

なお、上記の設定項目は条件を満たしたアカウントのみに表示される仕組みです。具体的な表示条件についての記載はありませんが「サーバー追加数の増加」や「メールアドレスの承認」等で総合判定されます。

ちなみに設定は通知が届きます。下記が実際にスマホアプリ内に届いた画面です。ディスコードでは「#0123」といった識別コードがアカウント作成時に付与されるのでそれらを非表示にするためのメッセージ。

上記に従ってユーザー名を更新すると下記のように「#」のついた数字部分を消すことができます。

ただ、ユーザー名を変更して#番号が消えてしまうと困るケースもありますよね。たとえばこれまでの期間ずっと「#0123」といったナンバー付きのアカウント名でしばらくディスコードを使っていた場合に周りのユーザーが変更後の番号なしユーザー名だけでは誰だか判断できなくなります。そこで「Legacy Username Badge」です。

もし「Legacy Username Badge」をONにしていると第三者から見た自分自身のプロフィールに「#」マークのアイコンが表示されます。下記の通り「#」が書かれた丸型アイコンがあれば設定は有効中となります。

アイコンを押すと画面上部に元々のユーザー名が表示される流れですね。もし「#」付きで活動していた期間が長ければ設定を有効化しておけば周りの仲間やサポートの方々からも誰か判断することができます。

パソコンのブラウザ上からであればマウスカーソルを合わせるだけで元のユーザー名が表示されます。

設定を残すかどうかは好みが分かれそうですよね。アカウント作成直後は設定項目が表示されていなかったこともあって無料版は「#番号」をユーザー名から外せない仕様と思い込んでいたので嬉しい機能でした。

プロフィールからチェック項目をオフにすれば表示されなくなるのでお困りであればぜひお試しくださいませ。

まとめ

本日は「Legacy Username Badgeの設定項目」についてご紹介いたしました。

直訳すると古いユーザー名のバッジ。わかりやすいですよね。とはいえアカウント作成直後は表示されないため「#付き番号を消したくても消せずに困っているユーザーも多い」ので記事とさせていただきました。

本記事がご参考になれば幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

💻SEOに強いWordPressテーマ

⇒ 大人気のワードプレステーマ「賢威」 2万を超えるお客様がご使用中!

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください