【超重要】ランディングページ運営に必須のA/B比較テストとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前に別の記事で「効果の出やすいランディングページ構成」をご紹介させていただきました。カンタンにお伝えすると“悩み訴求型”に合わせてLPページを作っていくことになります。以下からもご覧ください。

最適なランディングページの構成

そこで本日は記事内でも触れた「A/B比較テスト」について詳しく解説いたします。

【超重要】ランディングページ運営に必須のA/B比較テストとは?

ランディングページは「24時間ずっと働き続ける営業マンの役割」を果たします。

つまり、販売用にランディングページを公開しておけば、あなたの代わりに営業トークを行ってくれる仕組みが手に入るわけですね。ただ、ランディングページの精度が低ければ効果も低くなります。

そこで改善テストとして「A/B比較テスト」を行います。別名ではスプリットテストとも呼ばれています。

A/B比較テストの始め方

参考までにA/B比較テストの仕組みを図でまとめました。

A/B比較テストは上記の通り、来訪者ユーザーのアクセスを自動で振り分けます。たとえば100アクセスを50アクセスずつ各々のページに切り替えます。比率を指定できるツールもありますが50%が標準です。

ちなみにデータを取る目安としては1500〜2000アクセスで計測すればおおよそ正確なデータが取れます。上記を例で言えば「AページよりもBページの方が反応率が約1.5倍良い」という結果が得られます。

どんな比較をするのが効果的?

比較は色々な種類があります。見出しのキャッチコピーを変更・画像を差し替え・ウェブサイト全体のカラーを変更・お問い合わせボタンの色変更など思いつくアイデアの限り比較していきましょう。

以下はメインビジュアルの背景画像を差し替えた例です。

Aパターン(背景画像:構成を手書きしたノート)

Bパターン(背景画像:ホワイトボードと女性)

たとえば上記であれば「背景写真以外」にも要素が3つありますよね。

▼文言1
ランディングページ構成で新しい売り上げを確保する制作ならお任せください

▼文言2
最短5日間で納品可能!

▼文言3
今すぐページ制作を相談する

理想はすべての文言を1つずつ入れ替えてその都度、A/B比較テストを行う流れです。特にランディングページの運用では成約(コンバージョン)率がすべてなので1箇所ごとにチェックしていきます。

成約率の測定を急いでいる場合は同時に2箇所以上を入れ替えても構いませんが、正確なデータを取れないのであまりおすすめできません。できれば測定時は1箇所にして少しずつ固めていきましょう。

A/B比較テストツールの違い

ワードプレスのプラグインでもいくつかA/B比較テストを行えるツールがあります。

ただ、開発が終了したプラグインも多く、本体のアップデート速度に追いつけていないケースも多いです。非公開になったプラグインでも旧バージョンのワードプレスでは動作するので使い方次第となります。

あとA/B比較テストと言っても細かな機能性が違います。

・ページ全体を差し替えるタイプ
・ページ内の一部を変更するタイプ

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

A/B比較テストにも種類があるので何でもいいというわけではありません。小さなテストであればワードプレスのプラグインでもOKですが、本格的に比較するならGoogleオプティマイズでも構いません。

まとめ

本日は「ランディングページ運営に必須のA/B比較テスト」をご紹介いたしました。

過去に成約率0%(1件もなし)のウェブサイトを細かな施策を行って「12.3%に改善した案件」もあります。手順はシンプルでA/B比較テストを実行して良い成績のページを上書きしていくだけです。

ワードプレスであれば古い記事がリビジョンデータとして残るので後から記事を戻すこともできます。成果がで始めると一気に楽しくなるのがウェブサイト運用なので興味があればぜひお試しくださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

失敗できないレンタルサーバー

WordPressに活用できる技術

メッキで塗り固められたウェブサイト

WordPressマーケティング入門