ワードプレスサイトの検索結果から固定ページを省く方法(投稿のみ表示させる)カスタム投稿ポストを含む方法も追記しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は業務メモです。よく使うファンクションなので記事にしておきます。

ワードプレスを一般的なCMSとして使う場合は、サイト内のキーワード検索結果画面に固定ページが含まれても良いですが、個人的なブログサイトの場合は「投稿ページだけを検索対象にしたい」シチュエーションもありますよね。確かに、ブログメインの運用だと「固定ページ(お問い合わせや運営者情報など)にアイキャッチ画像すらも設定していなかったりするので「検索結果から省く」のが手っ取り早いです。

以下をfunctions.phpに追記。

function keyword_search_results_only_post($search) {
	if(is_search()) {
		$search .= " AND post_type = 'post'";
	}
	return $search;
}
add_filter('posts_search', 'keyword_search_results_only_post');

海外製のテーマを使っていると「固定ページは検索結果から省きたい」けど「カスタム投稿ポスト」は含みたいといったシチュエーションもあるので、詳しくは次の記事か、後日追記させていただきますね。

追記(検索結果をカスタム投稿ポストと投稿のみに絞る方法)

検索結果に「固定ページ」を含まず、カスタム投稿ポストと投稿は表示させる方法が下記です。

/*---------------------------------*/
//検索結果を投稿とカスタム投稿ポスト(example)のみに絞る
/*---------------------------------*/
function post_and_custom_post_entry_search($search) {
	if(is_search()) {
		// post_type='example'も検索結果に含める
		$search .= " AND (post_type = 'post' OR post_type='example')";
	}
	return $search;
}
add_filter('posts_search', 'post_and_custom_post_entry_search');

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する