賢威で「共通コンテンツ(CTA)」をすべてまとめて入れ替える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

賢威では「投稿記事や固定ページ」内にCTAを差し込める便利な機能があります。賢威では「CTA」として使えるパーツじを「共通コンテンツ」という名前で管理されています。ブログや固定ページのさまざまな場所で共通で使えるコンテンツを1箇所で編集・管理できるようにして効率化が考えられている仕組みです。

賢威で「共通コンテンツ(CTA)」をすべてまとめて入れ替える方法

本日は大人気テーマ「賢威」で共通コンテンツをまとめて入れ替える方法をご紹介いたします。本記事では全部の共通コンテンツを非表示にする方法も併せて解説させていただきます。

賢威の共通コンテンツとは?

賢威には共通コンテンツと呼ばれる便利な機能があります。記事のように作成できて作成したデータはショートコードで投稿や固定ページ側から呼び出せます。以下の枠内にあるのがショートコードです。

賢威の共通コンテンツの使い方

記事や固定ページでショートコードを貼り付けます。

すると記事側に作成した内容がそのまま表示されます。

賢威の共通コンテンツを非表示にする方法

共通コンテンツのなかに入って「非公開」に設定するだけでOKです。

するとページ側の表示がなくなります。

賢威の共通コンテンツはCTAとして使うのが効果的

ワードプレス中級者であれば「CTA」という言葉をご存知でしょう。CTAはコールトゥアクションの頭文字をとったインターネット上のマーケティング技術の1つです。CTAは記事の終わりに差し込むのがお決まりで記事を読み終わったところで読み手に対して「もっとも見て欲しい内容」を伝えるために使います。

つまり、賢威では記事の終わりに「共通コンテンツのショートコード」を差し込むのがお決まりの作業です。ショートコードを差し込めば全記事で同じCTAを差し込むこともできるので効率的にサイト運営ができます。もし仮にCTAを修正すればすべてのページに同時に反映されるので1個所で管理されているわけです。

ただ、便利な反面で「CTAをまとめて入れ替えたい」ときはすべての記事内にある「ショートコード」を手入力で入れ替えていく必要があります。人によっては「CTAを直接編集」して大元のデータを変更する場合もありますが元々のデータを残しておきたい状況などを考えるとあまり現実的ではありません。

賢威の共通コンテンツをまとめて入れ替える方法

賢威では共通コンテンツをすべて入れ替えたいときは「Search Regex」を使うのが便利です。ただ、いつも口すっぱく言っているようにデータベースを直接操作するプラグインなので慎重な操作が必要となります。

以前にも「記事内の文言を入れ替えるときに使う便利なワードプレスプラグイン」として別記事で流れについて解説させていただきました。同じ要領でショートコードの数字を入れ替えるのが最速です。

Search patternに元々のショートコードを入れて、Replace patternに変更後のショートコードを入れます。まずは該当個所に間違いがないかの確認で「Search >>」を押して問題なければ実行すればOK。

Search Regexでは「Replace & Save」を押すと置換操作が実行されます。該当個所に間違いがないかを事前に確認しながら問題がないか最終確認を行なったうえで慎重に操作を進めると安心です。

まとめ

本日は賢威で共通コンテンツをまとめて入れ替える方法について解説させていただきました。Search Regexについては以前に別記事でインストール方法も掲載していますのでぜひ併せてご確認くださいませ。

ワードプレスでサイト名を変更後に文章中に残っている変更前の文字を全部まとめて置き換える方法

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する