ドメイン(.jp)が空く前にWhois情報で起こる変化について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もし取得したいドメインがあるなら定期的なWhoisチェックをおすすめいたします。Whois情報ではドメインが空く直前に「もうすぐ空きます!」といった情報を教えてくれます。以下で解説させていただきます。

ドメイン(.jp)が空く前にWhois情報で起こる変化について

jpドメインのWhois情報には「状態」を確認できます。

Whoisで確認できる状態の違い

Whoisで確認できる状態には主に以下3つ(正確にはHoldを含め4つ)があります。

・Active
・To be suspended
・Suspended

Active

ドメイン名が取得されている状態です。

To be suspended

廃止申請が行われたドメインです。

Suspended

ドメインが廃止され一時凍結期間中です。

Active状態のドメイン

すでに取得されている状態のドメインです。状態が「Active」になっていますね。

参照:https://tech-unlimited.com/whois.html

Suspended状態のドメイン

廃止申請された状態のドメインです。状態が「Suspended」になっていますね。

状態が「Suspended」となる前に「To be suspended」の期間もあります。

欲しいドメインが「Suspended」になったら狙い目

もし取得したい「.jp」ドメインが、Whois上で「To be suspended」か「Suspended」になったら間もなくドメインが空くという状況です。もし抑える予定であれば有効期限を目安に取得しましょう。

その後、有効期限を過ぎると誰でも取得可能な状態となります。もし「.com」を持っていなくて他の気になっているドメインがあれば空いたタイミングで取得することもできます。以下は解放後の「.jp」です。

まとめ

本日は「.jp」ドメインの空き状況を調べる方法をご紹介いたしました。

もしすでに「.com」を持っているのであれば取得する必要はありませんが、ドメインブランディングの一環として抑えておくという考え方もあります。欲しいドメインがあれば定期チェックを忘れずに。

余談ですが「Whois API」を使えばドメインが空いた時点で指定のメールアドレスに即通知を送るシステムを構築することも可能です。どうしても手に入れたいドメインがあればシステムを組むのも1つですね。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください