is_pageで複数ページを指定する際に気をつけるべき書き方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は技術向け記事。ワードプレスでis_pageで条件分岐を書く際に注意しなければならない書き方です。テンプレート内の条件分岐で複数のページを指定する際に以下の文法では正しく動作しません。

is_pageで複数ページを指定する際に気をつけるべき書き方とは

本日は書き方のサンプルからご紹介いたします。まずは誤った書き方がこちら。

誤った指定方法

<?php if(is_page('company', 'service', 'contact')) : ?>
//出力したいソース
<?php endif; ?>

次に正しく動作する書き方は下記です。

正しい指定方法

<?php if(is_page(array('company', 'service', 'contact'))) : ?>
//出力したいソース
<?php endif; ?>

まとめ

複数のページを指定する際は、スラッグやページIDを単純にカンマで区切るのではなく「array」という命令で囲む必要があります。これによってスラッグが「company」「service」「contact」のページが表示対象になります。arrayは複数の値を指定するためのおまじないです。上記のようにまとめて固定ページを指定した条件分岐を書きたいシチュエーションは意外と多いのでこの機会にぜひ覚えておきましょう。

▼現役エンジニアからスキルを学ぶ💻

⇒ 今すぐ無料体験レッスンへ参加する  おすすめの無料体験付きプログラミングスクール

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください