Google Domainsでメールアドレス変更が必要な場合の手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前に別の記事でご紹介した「Googleアカウントと紐づくGmailを削除する手順」を行ったのでドメイン管理でGoogleから個別連絡がありました。ドメインのWhoisで登録されているメールアドレスが削除したGmailだったのでお知らせですね。Whois上の登録も自動で新しいメールに置き換わるかと勘違いしていました。

上記URL先でもお伝えしていますが普段からGmailを使っているなら削除は慎重に行わなければなりませんね。

Google Domainsでメールアドレス変更が必要な場合の手順

先日に下記のメールが届きました。

下記の通り「Whois上に登録されていたGmailが存在しないので変更してください」というメッセージです。

先日にGoogleアカウントと紐づくGmailを削除したのが原因ですね。

1. 設定画面に移動する

メール最下部へ移動すれば「登録の設定」が押せます。

設定変更には「Googleアカウントでのログインが必要」です。

2. 連絡先情報を編集する

ログインすると該当のドメインが開きます。新しいメールアドレスへの変更が必要となっていますね。

変更は「編集」から行えます。下記の通りGmailが「未確認のメールアドレス」と表記されていますね。

3. 新メールアドレスを入れる

変更するには新しいメールアドレスを入力して保存が必要です。

4. コードを受け取る

その後「確認」が入ります。新しいメールアドレスと元の連絡先にも通知が届きます。注意点として「前の登録者から確認を得る必要」があります。もし電話番号も変わっていたら対処する方法がありません。

5. 登録者変更の確認を行う

ドメイン所有に関わる内容なので厳重です。テキストメッセージを選ぶと電話番号に6桁数字が送信されます。そして新しいメールアドレス宛に下記のメール本文が届くので「登録者変更の確認」へ進みましょう。

最後に「確認コードを入力」を行なってください。

電話番号宛に届いた6桁数字を入力すればOKです。認証コード欄に入れて「送信」。

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

以上でメールアドレスの変更が完了となります。

まとめ

本日は「Google DomainsのWhois情報のメールアドレスを変更する手順」をご紹介させていただきました。

上記の通り「元々設定していたメールアドレスと登録されている電話番号へコード送信の確認作業が」あるので両方が使えない状態になっていると大変です。大切な通知が届くメールアドレスのチェックを怠るとドメインを失効する可能性もあるので手遅れになってしまう前に普段からよく確認しておきましょう。

本記事がご参考になれば幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください