ウェブサイトに設置したGoogleカレンダーがロボット確認で進めなくなった場合(運営者側の対応)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

Googleカレンダーはウェブサイトに埋め込めるので便利ですよね。スケジュール連動したカレンダーを記事内に表示させることができるため色々な場面で活用できます。操作もYoutube動画を埋め込むくらいカンタンなので運営者側としても重宝する便利ツールです。ただ、Googleカレンダーはその多機能さからセキュリティ面も強化さているため予期せぬタイミングでアクセスの「機械判定」が入る仕様になっています。

下記では解決策をご紹介いたします。

ウェブサイトに設置したGoogleカレンダーがロボット確認で進めなくなった場合(運営者側の対応)

スマホで閲覧しているユーザーにとっては「iframe」で表示させている仕組み上からロボット確認の画面が出た場合に思ったような操作ができず、堂々巡りになってしまうケースがあります。解決策は「iframe以外でGoogleカレンダーを表示できる状態を作っておくこと」ですね。下記で詳しく解説させていただきます。

カレンダーの設定を確認する

スケジュールに表示させているカレンダーの設定画面に入ります。

カレンダーの設定画面を開く

詳細は「設定と共有」にあります。

公開用URLをコピーする

実はGoogleカレンダーにはiframeで表示させる以外に公開用カレンダーのURLがあります。ウェブサイトに埋め込む場合はiframeが必要ですが「ロボットの確認」が出て操作がうまく完了できない人へ向けて「このカレンダーの公開URL」の直リンクを貼っておくことで最悪の事態(操作を完了できない)を回避することも可能です。

表示するカレンダーの中身は同じなので状況に応じて直リンクを使えばOKです。ぜひご活用くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください