Googleアナリティクスのサービスが一部終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高機能な無料アクセス解析サービスとして有名なGoogleアナリティクス。アナリティクスなしにウェブサイトコンテンツの改善作業はできないと言ってもよいほど多くのマーケターが利用するツールですよね。

実は2023年7月1日からGoogleアナリティクスの一部サービスが完全終了になることが決定。現在ユニバーサルプロパティを使って測定している運営者はGoogleアナリティクス4へ切り替える必要があります。

下記でご紹介させていただきます。

Googleアナリティクスのサービスが一部終了

以前に別記事で「Googleアナリティクスのサポート終了について」解説しています。

プロパティIDの違い

Googleアナリティクスには従来のユニバーサル型と最新の4型があります。

▼Googleアナリティクス(ユニバーサル)
プロパティID:UA-123456789-1

▼Googleアナリティクス(4)
プロパティID:123456789

もし下記の通り数字で始まっていたらGoogleアナリティクス4で発行されています。

移行はプロパティの差し替えのみ

Googleアナリティクス4では測定ID(G-ABCDEFGHIJ)が発行されます。旧来のユニバーサルアナリティクスではトラッキングID(UA-12345678-1)が発行されていましたので入れ替えるだけですね。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-ABCDEFGHIJ"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'G-ABCDEFGHIJ');
</script>

運営サイトの数だけ移行が必要

新しいプロパティを作成して目標設定も作り直す。細かくコンバージョン設定を作っている場合は移行作業に手間がかかりますよね。これを機に不要なプロパティを整理するのも良いかもしれません。

まとめ

本日は「Googleアナリティクスの一部サービス終了」を解説させていただきました。

Googleアナリティクス4へ移行するのはそれほどむずかしい作業ではありませんが、成約率の測定を複数作っているプロパティは少し手間ですよね。とはいえウェブサイトやアプリ経由のアクセスデータを適切に測定できなくなると大変なのでなるべく早い段階からゆっくり時間をとって少しずつでも進めるようにしておきましょう。

ぜひ移行時にご参考くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください