アクセス解析ツールで成約率を測定している参考図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は解析ツールで実際にコンバージョンを測定している画面をご紹介いたします。

アクセス解析ツールで成約率を測定している参考図

前提としてGoogleアナリティクスで成約率を測定するには以下の準備が必要です。

1. Googleアナリティクスのアカウント作成(Gmail必須)
2. コンバージョン(成約)ポイントの作成とタグの差し込み
3. ウェブサイト側での成約連携後に測定動作をチェック

コンバージョンは日本語で「成約」です。コンバージョン数とコンバージョンした割合(コンバージョン率)を元にウェブサイト改善を行なっていきます。ウェブサイト運営では非常に大切な指標となります。

過去7日間のコンバージョン数

測定が始まると以下の通り「成約した数値(データ)」が全部記録されていきます。

右側のボタンを「オン」にしていると記録されます。オフにすると測定されません。

ちなみに参考画像は「合計4箇所のコンバージョンポイントを作っている状態」です。過去7日間で合計6件コンバージョンした計算となります。来訪者のどんな操作を成約とするかで作るポイント数も変わります。

まとめ

本日は「Googleアナリティクスで成約率を測定する画面」を解説いたしました。

以前に別の記事で「実際にコンバージョン測定を行うまでの流れ」を5手順にわけてまとめていますのでぜひ併せてチェックくださいませ。ウェブサイトの成績を高めて着実に成果を取っていきましょう。

コンバージョンを取るために必要な5つのステップ

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください