Genesis Frameworkで「Googleアナリティクス」の解析タグを差し込む方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日はGenesis Frameworkに高機能無料アクセス解析ツールの導入タグを差し込む方法です。ジェネシスフレームワークはとても優秀なテーマなのですでに差し込み専用の項目が用意されています。テーマ側の機能としてすでに実装されているので万が一のテーマアップデートでも影響しない設計なのが嬉しいですよね。

Genesis Frameworkで「Googleアナリティクス」の解析タグを差し込む方法

ジェネシスフレームワークに解析タグのソースを差し込む手順はカンタンです。管理画面にログインしたらサイドメニューにある「Genesis > Theme Settings」をクリック。

そしてカスタマイズのパネルが開いたら「Header/Footer Scripts」をクリック。

トラッキングコードはグーグルアナリティクスからコピーしておきましょう。

コピーした内容を「Header Scripts」に貼り付けます。

最後に「公開」をクリックして「公開済み」になればOKです。

以上で解析タグの差し込みは完了です。

まとめ

本日はGenesis Framework(ジェネシスフレームワーク)へGoogleアナリティクスの解析タグを設置する方法をご紹介いたしました。もしサーチコンソールを差し込む場合も同じ箇所に「指定のMetaタグ」を差し込むだけでOKです。サーチコンソールの設定方法やGoogleアナリティクスとの連携手順は以前に別の記事で解説していますので併せてご一読くださいませ。サイト運営するならアクセス解析は必須ツールです。

ワードプレスで運用しているウェブサイトへGoogleサーチコンソールを導入してGoogleアナリティクスと連携させるまでの手順

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する