海外の最新無料レンタルサーバー「000webhost.com」で構築したワードプレスを自動転送させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回に別の記事でご紹介した広告が一切入らない無料のレンタルサーバー「000webhost」。000webhostでは独自ドメインの持ち込みはもちろんですが標準で「name.000webhostapp.com」が取得できます。

nameの部分は空いていればなんでも取得可能です。多くの方は「無料」という観点からカンタンなテストサーバーとして契約をするかと思いますが本格的な運営の準備をしても構いません。

というのも000webhostdでは無料プランでも「リダイレクト」機能が使えます。リダイレクト機能は日本語で言えば「自動転送」です。たとえばあなたが「example123.000webhostapp.com」でアカウントを取得したとして上記のURLにワードプレスをインストールしてブログサイトを立ち上げたとしましょう。

そしてワードプレスに慣れた頃に、国内で評判の高い有料レンタルサーバー「Xserver」や「Mixhost」で高速処理ができるレンタルサーバーをあらためて契約した場合。元々、000webhost内で立ち上げたウェブサイトへのアクセスも少しは期待できるので取りこぼさず新しいサーバーに転送させたくないですか?

そうなると「example123.000webhostapp.com」へ来訪したユーザーのアクセスを新しい国内サーバー側へ自動転送ができます。テストサイトとはいえ1アクセスは1人のお客様に変わりはありませんよね。

000webhostでリダイレクト機能(自動転送)を設定する方法

まずはコントロールパネルにログイン。そして「Redirects」をクリック。

次に「+New redirect」をクリック。

すると以下のウィンドウが開きます。

▼Redirect From
トップページの場合は「/」。下層ページの場合は「/page1」など
リダイレクトさせる転送元の設定です

▼Redirect To
https://yahoo.co.jpなど
リダイレクトさせる転送先です

▼Redirect Type
永久的な移転は301(ページ移転やURL変更またはページ削除)
一時的な移転は302(メンテナンス画面、エラー画面)
リダイレクトさせる種類の選択です

実際に入力すると下記となります。入力できたら「Create」をクリック。

下記の状態になったらOKです。設定が不要になったら「Delete」で削除も可能です。

転送設定もカンタンに使える000webhost.com。無料で使えて広告が入らないレンタルサーバーです。海外の最新サービス恐るべし。独自ドメインの持ち込みや設定追加はできても「独自ドメインへのSSL設定」ができない点がマネタイズポイントになっているのも非常に秀逸。検証には最適かもしれませんね。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください