FileZillaを起動すると「ゴミ箱に入れる必要があります」と表示する場合の対策方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レンタルサーバーに接続するためには「FTPクライアント」が必要です。カンタンに言えばFTPクライアントはパソコンからレンタルサーバーに接続するために必要なソフトウェア(アプリ)ですね。FTPクライアントは別名でFTPソフトとも呼ばれたりしていてWindowsではFFFTP、MacではCyberduckがあります。

FileZillaを起動すると「ゴミ箱に入れる必要があります」と表示する場合の対策方法とは

個人的にはMacのFTPクライアントでは「FileZilla」が使いやすいです。以前にもFileZillaを別の記事でまとめているのでFTPクライアントの概要について知りたい方はぜひ併せてチェックくださいませ。

WordPressが動いているレンタルサーバー上にFTPソフトを使って接続する方法

では、本題に戻します。FTPクライアントとして便利なFileZillaの最新版をダウンロードしてMacにインストールしても「立ち上がらない(ゴミ箱に入れる必要があるとのメッセージ)現象」があります。

このメッセージはダウンロードしたソフトウェアが古い場合などに表示されるポップアップですね。

少し言い方を変えると「ダウンロードしたFTPクライアント(ファイルデータ)が少し古いのでこのままでは開けないので一旦ゴミ箱に入れてください」といったニュアンスのメッセージとなります。

対策は「ソフトウェアを上書き」すればOK

Macの場合は「アプリケーション」ディレクトリのなかでソフトウェアが管理されています。何度立ち上げてもゴミ箱のメッセージが表示される場合は最新のデータを手に入れて上書きを試してみればOKです。

基本的にMacでは「アプリケーションフォルダからアイコンを取り出せばアンインストール扱い」になるのでソフトウェアの上書きもマウス操作のみで構いません。最新のアイコンを上書きしてみましょう。

置き換える場合は「置き換える」をクリックすればOKです。

上書き後はゴミ箱のメッセージが表示されなくなる

無事ソフトウェアのデータ置き換えが完了すると「起動時のメッセージ」に変化があります。以下の通りゴミ箱のメッセージは消えて「立ち上げても良いか?」という確認画面に変わります。

あとは「開く」を押せばFileZillaが起動となります。

よく使うソフトウェアはDockに追加しておくと便利

FileZillaが立ち上がったら「Dockに追加」を設定して、次回以降の操作を楽にしておきましょう。

ゴミ箱のメッセージも表示されることなくFileZillaが立ち上がりましたね。

以上で対策は完了となります。

まとめ

本日はWindows/Mac兼用のFTPクライアント『FileZilla』の立ち上げ時に「ゴミ箱に入れる必要があります。」というメッセージが出た場合の回避策について詳しくご紹介させていただきました。

対策方法はソフトウェアのデータを上書きして最新版にアップデートすることです。注意点としてはサーバーから最新版をダウンロードしても同じ現象が発生する可能性があるところ。そうなったら色々なバージョンのデータを順番にダウンロードして正常に動作するまでチェックする必要があります。

FileZillaは本当に便利なツールです。FTP以外にもSSH接続にも対応していたりと最強の無料ソフト。もし同じ現象でお困りの方がいたらぜひ一度お試しくださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください