【必見】所有しているドメインの販売で便利なHTMLテンプレート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はドメイン販売用のテンプレートをご紹介いたします。パソコンとスマートフォンにも標準対応しているレスポンシブテンプレートなので安心して使えます。ドメインごとで異なる金額も設定できます。

【必見】所有しているドメインの販売で便利なHTMLテンプレート

ドメイン用のテンプレートはたくさんありますが、本記事では「複数のドメイン」に対応した便利なテンプレートをご紹介させていただきます。1つのhtmlテンプレートで複数のドメインを掲載可能です。

スマホ対応レスポンシブテンプレートのご紹介

以下は日本語に翻訳しているのでカスタマイズを加えています。

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

ヘッダーの「その他のドメイン」を押すとドメイン候補を差し込めます。

スマートフォンでも最適化表示されます。

フォーム設定もスパム対策も標準対応

テンプレートはPHPで出来上がっているのでフォームの設定連携もカンタンです。フォームの動作は運営しているレンタルサーバー側で発行した値を入力するのみでOK。設定ミスがあるとフォームは動きません。

'recipient_name' => 'EXAMPLE Inc.',
'recipient_email' => 'mail@example.com',
'recipient_email_password' => 'umhU5rJV',
'smtp_server' => 'mail.example.com',

あと、Googleのスパム対策(reCAPTCHA)も導入可能です。

'enable_recaptcha' => false,
// Obtain keys from https://www.google.com/recaptcha
'recaptcha_public_key' => 'fgpSJr3gck5eJLyQUcGU4aqDYnUXFHbvNLmUHDVe',
'recaptcha_private_key' => 'fgpSJr3gck5eJhaA5QvRQnzNjgPYejf5BZaTZsjv',

現在は無効(false)にしていますが、有効(true)にすれば動きます。

細かいカスタマイズも可能

高機能なテンプレートなので細部までカスタムができます。たとえば備考欄を非表示にする場合。

'enable_message_field' => true,

有効(true)では備考欄が表示されるので不要なら無効(false)に指定するだけです。もし複数のドメインを持っていなければヘッダーにある「その他のドメイン」も不要になるのですぐに変更可能です。

'enable_domain_select_field' => true,

無効化(false)にすればボックスごと非表示になります。ドメインごとに背景画像を変更することもできるので複数のドメインを持っている方でも使いやすいテンプレートです。柔軟な設計になっています。

- 新コースでワードプレスを学ぶ【AD】-

ベースは英語なので日本向けで運営するなら翻訳が必要です。所有しているドメインが多ければ多いほど活躍するテンプレートとなっています。あとはドメインを開いた来訪者のお問い合わせを待っていればOK。

まとめ

余っているドメインを効率的に販売する方法は「視認性が高いウェブサイト」を立ち上げることです。

スパム対策済みのお問い合わせフォームが付属していれば不正なユーザーからのスパム行為も避けられます。ドメインを追加してもサーバー上の共通データを読み込むだけなので設定もカンタン。

ユーザーからのお問い合わせの逃さないようにドメイン専用窓口を立ち上げておくのがおすすめです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください