アクセス増加を見越したうえで独自ドメインとコスパの高いレンタルサーバーを選ぶのが吉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本記事は「ウェブサイトはなぜワードプレスで立ち上げておくべきなのか?」の続きです。もしまだ前回の記事に目を通されていない場合は前もって内容をご確認いただけますとスムーズです。

ウェブサイトを立ち上げるならワードプレス一択である理由とは?

独自ドメインとレンタルサーバーの選定基準は重要です。もし選び方を間違ってしまうと後から設定の移動や手続き諸々で大変な手間がかかってきますのでしっかり記事に目を通してください。

ドメインはどういった役割りをしているのか

独自ドメインはウェブサイトを表示させる住所です。たとえば「大阪府大阪市大阪町1−1−1」といった住所をネット上では「.com/.net/.jp」等のアドレスを使って表示しています。

信頼性という面では「.co.jp」という法人のみ取得できるドメインが良いです。ただ、独自ドメインを管理しているドメインレジストラサービスに特別な日本法人が絡んでいる分取得費が高くなります。

ドットジェービー(.jp)も同系列のサービス内で管理されていますので値段が上がります。大手企業との仕事がメインであれば登記簿謄本が必要となる.co.jpを取得しておくのも悪くはありません。

ただ書類申請でかなり手間がかかります。個人的には「.comドメイン」が相対的な価値も一番高いのでおすすめとしています。ドメインの選び方は好みで問題ありません。

独自ドメインには埋まっていく順番がある

独自ドメインは.comから順に埋まります。そして次が.netです。

もしEXAMPLEという会社があると仮定して取得するなら「example.com」が先に埋まっていきます。これは先述の通り「.com」がもっとも価値の高いドメインだから優先的に取得されていくのが理由となります。もし「example.com」を取得できればサブドメイン「ab.example.com」等も好きなだけ使えます。ab部分は好きな英数字を指定可能です。さらに独自ドメインメール「info@example.com」も使えます。

ちなみにドメインは最短1年契約からできて取得は早い者勝ちです。

取得日が独自ドメインの記念すべき誕生日

できればドメインを取得する日は意図しておきましょう。何かの記念日でもOKですが長期的に見ると縁起が良い大安などの良いタイミングで取得するとベストです。取得日時の注意点は2点。

1. 取得時間は「GMT」を基準に考える
2. 取得時は必ずクレジット決済を選ぶ

GMT時間は日本時間より9時間前です。つまり日本時間で19時00分がGMT時間では10時00分となります。ドメインは常にGMT時間を基準として取得されますので注意しておきましょう。

ドメインの誕生日にこだわって「大安」にしようと朝張り切って早起きしてドメイン申請をしてみたら「1日前(前日)の23時扱いになっていた」なんて事態は避けたいですよね(経験談)。

あと決済は「クレジットカード決済」を選んでおきましょう。もし銀行振込の後払いを選ぶと取得作業はドメインレジストラ側で代行作業をするためタイムラグが発生してしまうからです。

国内のドメインレジストラで有名なサービスが「お名前.com」。しかし、アカウントを開設しただけで営業メールの量が尋常ではありません。さらにドメイン取得後はなおさらです。

そのため多少は割高になりますが、ドメインレジストラとレンタルサーバーの両方を兼ね備えているエックスサーバーにて一元管理するのがスマートです。英語に抵抗がなければNamecheapというドメインレジストラサービスもおすすめです。取得料金も低価格で営業メールも届きません。

現在取得済みのドメインを譲ってもらう方法

希望のドメインがすでに埋まっていて取得できない場合は譲ってもらう方法もあります。手順はWhoisでドメイン検索をかけて所有者の連絡先へ直接メールを入れて譲渡交渉を行っていきます。

短いドメインなら最低数十万円はしますが、基本的に交渉次第で大幅なディスカウントが可能です。初回提示30万円の.comドメインを粘り続けて1万円まで下げて手に入れた事例もあります。

連絡はGoogle翻訳を使いつつ英語でメールすれば対応してくれます。ドメイン転売は昔から活発に行われているビジネスなので無視される心配もありません。地道に交渉を続けましょう。

アクセス集中でも落ちないレンタルサーバー

独自ドメインを取得した後はドメインを設定するレンタルサーバーが必要となります。快適性を追求するならエックスサーバーがおすすめです。もし緩さを求めるならミックスホストが良いです。

僕たちは過去に数々のレンタルサーバーを試してきました。その上での推奨サービスです。特にエックスサーバーは圧倒的な処理速度で瞬間アクセス1000人に耐えた実績もあります。

ミックスホストも非常に優秀なサーバーです。ただ、ミックスホストはエックスサーバーとは違いサーバー操作を行うコントロールパネルが多少複雑です。操作は簡単なのですぐに慣れます。

ミックスホストなら契約自体を譲渡したり、パートナー様へのサーバーリソース貸与や、大人向けのコンテンツを構築するなどあらゆる場面にも対応しているのも最大の特徴と言えます。

独自ドメインもサーバーも開設する日が重要

何を始めるにも万事うまく行くと言われている「大安」は、結婚式を開催する日にも選ばれます。一般的にも重要な何かを開始する時に選ばれる基準になっているのは間違いありません。

赤口や仏滅は捉え方によってネガティブになりかねないので、大きな決意には「大安や友引」など少しでも良いとされる日を選ぶのは理にかなっているのかもしれません。

独自ドメインで気をつけたいポイントは自動更新を忘れないことです。随分と昔に熱心な営業さんがお客様のオウンドメディアを運営(1万記事以上も作成したウェブサイト)していましたが、ドメインの契約更新を忘れていてすべてが吹っ飛んだ現場を見かけたことがありますが悲惨でした。

独自ドメインはとても重要です。レンタルサーバーの契約よりも先に誰かに取得される前に抑えておきましょう。あなたにとって最適なタイミングに契約しておくことをおすすめいたします。

▼おすすめのドメインレジストラ
Namecheap / お名前.com

▼おすすめのレンタルサーバー
エックスサーバー / ミックスホスト

次回は「立ち上げるウェブサイトのコンセプトについて」をお届けいたします。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する