【実験】ドメインをオークションに出品する(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

本記事は先日の続きです。ぜひ前回の記事もご一読くださいませ。

【実験】ドメインをオークションに出品する(1)

GoDaddyのアカウント作成からドメイン出品までを解説いたします。

【実験】ドメインをオークションに出品する(2)

GoDaddyにはドメインのオークションがあります。所有しているドメインがどこのドメインレジストラで管理されていてもOKです。ただ、DNSに「少しだけ特殊なTXTレコードの登録が必要」となっています。

もしTXTレコードの追加手順がわからなければ出品したいドメイン自体をGoDaddyへ移管するのが確実です。

アカウントを作成する

ドメインをオークションに出品するにはGoDaddyのアカウントが必要です。

FacebookでもGoogleのアカウントでもアカウントは作れます。以下はメールアドレスで作った手順です。

アカウントを作成すると「ドメインのオークション」が開きます。

ただ、アカウントを作ったURLによってはダッシュボードが開きます。ダッシュボードが開いてもメニュー操作を行えばドメインオークションの画面に移動可能です。移動方法は以下記事をご参照くださいませ。

【実験】ドメインをオークションに出品する(3)

まとめ

本日は「GoDaddyでアカウントを開設する手順」をご紹介いたしました。

オークションに参加するには有料登録が必要です。次の記事では有料登録の手順を解説させていただきます。ドメインが売れるか売れないかは所有しているドメインの希少性(文字列)によって変わります。

有料登録と言っても年間700円もかかりません。月額で言えば50円程度。1年ほどドメインオークションを使ってみて売れなければ諦めるのもOKです。興味があればぜひご参加してみてくださいね。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻ウェブサイト運営でお困りの方へ

⇒ WordPressの設定ミスを即日で解決  安心の定額サポート