ドコモのahamoを迷っている方へおすすめしたい日本通信SIM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近は3大キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の低価格化が進み「格安SIM(MVNO)業界」も騒がしくなってきました。3大キャリアの電話回線が安くなったと言ってもメインは3大キャリア各社がセカンドブランドとして提供している回線サービスがお手頃な値段になったというだけです。

・ahamo(ドコモ)
・Y!mobile(ソフトバンク)
・UQ mobile(au)

上記が各社3大キャリアが提供している格安の電話回線サービスです。

ドコモのahamoを迷っている方へおすすめしたい日本通信SIM

一般的にスマホ回線のサービスには以下の種類に分かれます。

A. 3大キャリア提供の電話回線サービス
B. 3大キャリアがセカンドブランドとして提供する電話回線サービス
C. 3大キャリアの所有回線を又貸しで提供する電話回線サービス

まず「A」が『ドコモ・ソフトバンク・au』ですね。そして「B」が『ahamo・Y!mobile・UQ mobile』。そして最後の「C」が『mineo・IIJmio・日本通信』などのMVNO業者となります。

カンタンに特徴を説明しておくと「C」は「A・B」と違って『インターネットの回線速度が少し遅くなる』といった傾向があります。大手3大キャリア回線の又貸しなので不利になりやすいだけです。

わかりやすく言えば「3大キャリアは自社名義でBとして提供する回線を優遇している」ので、回線を買い取って再販しているMVNO業者としての立ち位置は弱くなっています。仕方ありませんね。

以下も参考になるのでご参考ください。

MNO(移動体通信事業者)とMVNO(仮想移動体通信事業者)の違い

今後もMVNO業者はピンチに追いやられるのか?

個人的には「C」の回線が好きです。理由はシンプルで「価格帯が最安値だから」です。今回の記事ではドコモから提供が始まったアハモ(ahamo)を中心に解説させていただきます。

・docomoから発売されたahamoの概要
・ahamoのメリットとデメリット
・MVNOはピンチに追いやられる展開に
・日本通信SIMからahamo対抗プラン登場
・ahamo対抗プランの詳細

では1つずつ見ていきましょう。

docomoから発売されたahamoの概要

最近ドコモからアハモ(ahamo)というサービスが登場しましたよね。

これまでソフトバンクは「Y!mobile」、そしてauが「UQ mobile」を提供していたようにドコモも自社回線を使ったセカンドブランドとして「アハモ(ahamo)」を提供する流れとなりました。

自社で保有している回線を使っているので一般的にはMNOと呼ばれています。

ahamoのメリットとデメリット

アハモ(ahamo)のもっとも大きなメリットは価格帯です。

わかりやすく言えば「ドコモ回線は少し高いな…」という方へ向けたサービスが「アハモ(ahamo)」。自社で保有している回線をセカンドブランドとして提供できるため価格を安くできます。

一方でデメリットもあります。それは3大キャリア(docomo・ソフトバンク・au)ともにキャリアが提供していたメールアドレスを使えなくなる点です。たとえば「example@docomo.ne.jp」はドコモ回線でしか使えないのでセカンドブランドのアハモ(ahamo)に契約を変更すると削除扱いとなります。

ドコモと同等の回線を使える代わりに機能面は乏しくなるわけです。

MVNOはピンチに追いやられる展開に

3台キャリアが自社で保有している回線をセカンドブランドで提供すると何が起こるのでしょうか?

それは「MVNO(3大キャリアの回線を又貸しする業者)との価格競争が本格化する」ことです。上記の例で言うと「B」と「C」の差別化がむずかしくなってしまい「C」が不利になっていきます。

アパレルで考えるとわかりやすいかもしれません。たとえばこれまで全国のショップに商品を卸していた大元企業が格安で自社販売を始めてしまったような状況と言えます。味方がライバルになる状況ですね。

それに多くの方は有名な会社(ネームバリューがある企業)から契約してしまうので「ドコモがアハモという回線を提供しはじめて通信費用が今よりも安くなるらしい」と噂を聞くとどうでしょうか?

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

MNOよりは無名なMVNO業者はどんどん不利になっていくわけです。

日本通信SIMからahamo対抗プラン登場

個人的には「日本通信SIM」というMVNOを応援しています。

プランを説明すると「電話の使い放題と3GBの通信がついて2480円」です。普段インターネット回線はWiFiを使っていて出先ではモバイルルーターを持ち歩いているので十分事足りています。

通話放題も「専用アプリ不要で標準の電話から発信可能」です。MVNOで通話放題は意外と少ないです。2020年6月30日に登場したプラン(合理的かけほプラン)で発表されてすぐ契約させていただきました。

以前に別の記事でまとめているのでご参照ください。

【日本通信SIMに新プラン】ドコモのアハモ(ahamo)へ対策

ahamo対抗プランの詳細

日本通信SIMからは「Wスマートプラン」という名前のプランもありますが、2020年12月にアハモ(ahamo)対抗プランが新たに発表されました。その名は「合理的20GBプラン」となっています。

▼合理的20GBプランの特徴
・月額1980円で使用可能
・データ通信量は20GBを含む
・月間70分の通話料が無料

ちなみに日本通信SIMは過去に「b-mobile」という世界初のMVNOを提供してます。今回の通話放題プランも合理的20GBプランも企業としてのスピード感が素晴らしくずっと応援したく契約しています。

何より「日本通信シム」という解りやすい直感的な名前が大好きです。サービス名称から「日本中のどこでも通信できるスマートフォンのSIM」だと伝わりますよね。正直ネーミングにやられました。

ちなみに日本通信は裏側の回線にドコモを使っています。やはりどうしても本家と比べると通信速度が遅い場面もありますが、WiFiと併用している使用状況もあってさほど気になっていません。

まとめ

本日は「日本通信SIM」を中心に解説させていただきました。

MVNOは徹底的に比較しましたが合理的かけほプランも合理的20GBプランも両方とも魅力的なプランです。もしアハモ(ahamo)への乗り換えで迷われているならぜひ公式サイトをご覧くださいませ。

MVNOとしても老舗の日本通信シム。世界初のMVNOとして類を見ない超速のスピード感で新しいプランを提供しているスタンスは目を見張るものがあります。日本通信シムお世辞抜きで最高です。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

書いて伝えるコピーライティング

WordPressに活用できる技術