トップページの設定にカスタム投稿タイプを指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カスタム投稿タイプをワードプレスのトップページに設定したい場面があります。少し特殊な使い方ですが技術的には可能です。ただ、仕組み上で「フロントページ」としてカスタム投稿タイプのデータを読み込ませることになるので有効化されているテーマのデザインが適用されてしまいます。

下記では実際にフロントページに設定した画面をご紹介いたします。

トップページの設定にカスタム投稿タイプを指定する

当研究所で販売中の「LP作成プラグイン」はランディングページを作るためのプラグインです。カスタム投稿タイプで作られているのでサンプルとして使ってみました。本来「WP SEO LandingPage Plugin」には作成したページをトップページとして指定する機能はついていませんのでその点だけは悪しからずご了承ください。

1. 特殊な設定を追加する

まずフロントページの候補としてカスタム投稿タイプのデータ(LPテスト)を認識させる必要がありますよね。

管理画面の「設定 > 表示設定 > ホームページの表示」にカスタム投稿タイプを選ぶ機能は当然ありません。

2. カスタム投稿タイプを指定する

条件分岐を追加することで「カスタム投稿タイプ」のデータが候補に入ります。

3. フロントページを確認する

選択した設定を保存すれば「LPテスト」がフロントページに指定されます。

ページを開くとトップページのURLとして認識されていますね。

トップで読み込まれているテンプレートは「page.php」。これは適用しているテーマファイルに依存するので「WP SEO LandingPage Plugin」のデータがそのままで読み込まれるわけではありません。

まとめ

本日は「ホームページの設定にカスタム投稿タイプを指定できるかの検証」をお届けいたしました。

もしこのままプラグイン側のファイルがすべて読み込まれるとレイアウトも維持して表示できそうですね。今回の検証は「トップページにカスタム投稿タイプのデータを指定できるか?」ということなのでこれ以上カスタムは行いませんがテンプレート周りを変更すればさらに柔軟に作り込めるかもしれません。

ぜひご参考くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください