一般的な絵画とNFT作品の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どんな時代も新テクノロジーの登場には賛否両論がありますよね。NFT(Non-Fungible Token)も同じです。自分自身は常にテクノロジーに支えられている側なのでどんな技術も前向きにとらえています。

もちろん、今後どういった方向へ進むかは誰にもわかりません。もしかすると「暗号通貨」がより発展して世界通貨になっていくかもしれませんし、逆に1円の価値もなくなる可能性も0ではありません。

大切なのは“業界の動向”よりも「どういった技術が源にあって、どういった役割を果たしているのか?」です。以下では一般的な絵画とNFT作品を比較してカンタンに違いをご紹介させていただきます。

一般的な絵画とNFT作品の違い

もし「NFTって何?」という方は以下の記事からご参考くださいませ。

世界のアートシーンで認められたNFTという技術

ざっくり言うと一般的な絵画とNFTアートの違いは「管理方法」です。

たとえば「ゴッホの絵」は本物を持っていれば億単位の値段がつきますよね。ただし、条件があります。絵画を本物と証明するためには鑑定書と呼ばれる書類が必要(鑑定士によるお墨付きの認定書)です。

絵画とNFTアートの比較表

もっとも大きな違いは「本物の証明」を誰が行なっているかですね。

絵画 NFTアート
信頼性 鑑定士による判断 ブロックチェーンによる証明
所有性 オフライン(現物) オンライン(Web上)
透明性 自己申告 デジタル管理

カンタンに言えば上記の表に書いた通り。オフライン管理の絵画とオンラインで管理するNFTアート。もちろんどちらが優っているかという意味ではなくて両方ともにメリットとデメリットがあります。

絵画もNFTアートも保管方法によっては第三者に盗まれてしまう可能性があるので安全性はほぼ変わりません。現時点では「現物を所有できる満足度(所有欲)」から絵画の方が人気は高いです。

ただ、絵画に限っては「価値を下げないため」に保管状態も気をつけなければなりませんよね。逆にNFTアートはデジタル上なので作品は劣化しません。もっとも避けたいのは購入したアカウント(ウォレット)のパスワード漏れ。ウォレットが乗っ取られてしまうと取り返しがつきません。秘密鍵と公開鍵は死守しましょう。

もしOpenSeaがなくなったら?

すでに「NFTマーケットプレイス」と呼ばれるNFTアートの販売サイトがあります。

・OpenSea
・Foundation
・Rarible
・SuperRare
・Nifty Gateway

特にOpenSeaは超巨大なユニコーン企業(総評価額3兆円)なので潰れる可能性も低いですが、もし万が一の予期せぬトラブルで企業がなくなってしまったら「過去に購入したNFTアートが心配」になりますよね。

イーサリアムでは取引のすべてを履歴として管理しているので自分自身のウォレットアドレスさえあれば証明データとして参照できます。そういう意味でもウォレットは重要なオンライン上のお財布情報です。

また「IPFS」と呼ばれる新技術で「購入データをOpenSeaとは別の場所に保管するサービス」も開発されているので物理的なデータが消えてしまうリスクも最小限に抑える工夫をしています。OpenSeaでは「Centralized」と表示されている場合は「OpenSeaのサーバー内に保存されている」という意味です。

IPFSは出品者側として再編集不可となるので今後どういうった方向に進むかぜひ追ってみてください。IPFSはフリーズメタデータ化とも呼ばれているので以下の記事も併せてチェックお願いいたします。

フリーズメタデータとは

オフライン vs オンライン

話を戻すと「絵画とNFTアート作品の主な違い」は“管理している場所”です。

あとは「作品を維持するためのメンテナンスにかかるコスト」でしたよね。絵画の場合は湿気や乾燥を繰り返す環境だと傷みやすいので保管方法は注意しなければなりません。逆にNFTアートは完全オンライン管理なので劣化しませんがパスワードフレーズを誰かに教えてしまったり、紛失したり、セキュリティ面の意識が大切です。

最近はアップルウォッチにNFTアートを壁紙設定をするなど楽しみ方もさまざま。

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

年単位で考えるとNFTが優位

暗号通貨も数年前までは「1ビットコイン3万円の時代(2015年頃)」がありました。

しかし2021年現在では数百万円まで成長していますよね。NFTという技術も「暗号通貨を裏側で支えているブロックチェーン」が使われているので今後も伸びていく可能性は極めて高いです。

とはいえ所有欲という面で考えると「NFTアート作品は物足りない人」も多いはず。現時点での価値観と今後進んでいく時代の流れはまったく別物なのでよく理解して感覚をつかんでいかなければなりません。

まとめ

本日は「絵画とNFTの違い」について解説させていただきました。

時代が進むと価値観が上書きされていきますよね。自分自身もまだ勉強が足りないので情報収拾に必死です。特にブロックチェーン界隈は驚くほどのスピードで技術進歩していくので鮮度も重要となります。

NFTという新技術は想像しているよりも革新的なテクノロジーです。ここ数年のしばらくは目が離せませんね。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

今すぐ日本の取引所でコイン購入を始めてみる

こんなお悩みはありませんか?

・NFTアート作品を購入したいけどイーサリアムがない
・OpenSeaでアカウントを作ったけど0ETHになっている
・MetaMaskで作ったウォレットにチャージしてみたい

メタマスクで作ったウォレットにチャージする手順は色々とあります。もっとも手軽なのはディーカレットでコインを受け取る方法です。アカウント開設は下記ボタンからご確認いただけます。ディーカレットは日本の取引所なので安心してお取引可能です。イーサリアムを手に入れたい方はぜひお試しくださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください


最短翌日にアカウントを作る

フリーズメタデータとは

WordPress以外の小話