SEO対策とSEO事前設計の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは「SEO」をどのくらい学びましたか?SEOは「記事の書き方」だと勘違いされている方も多くいらっしゃいますので今回はSEOを考慮したコンテンツ設計について詳しく解説させていただきます。

SEO対策とSEO事前設計の違い

まず大前提として「SEOを意識した記事の書き方」という技術は存在しています。

しかし、いくらSEOを意識した書き方に取り組んでいても「事前設計(キーワード選定・カテゴリー決定・タグ付け)」が甘ければコンテンツの精度は高まらずなかなか検索エンジンに評価してもらえません。

つまり、SEOは「コンテンツの作り方」だけではなく「市場のニーズからWebマーケティングを意識したコンテンツ設計」を十分に練っておかなければならないわけです。詳しくご紹介いたします。

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

雑なSEOと精度の高いSEO

オウンドメディア神話の「とりあえず100記事作成」。これはとても雑なSEOです。

言ってみれば「トレーニングや柔軟をしないままで長距離マラソンに挑戦する」ようなもの。わかりやすく野球でたとえると1度もバットを振ったことがないのにずっとホームランを狙っているような状態です。

どんなスポーツでも結果を出すには「基礎体力・柔軟性・身体の使い方」が重要となります。そのうえで各スポーツに合わせた最適なトレーニングを繰り返して競技に挑んでこそ成績へつながります。

しかし、多くの方は何も考えずに「ひたすら100記事」を作成しています。

人によっては元々の経験や知識があって運良くヒットを打つことはあるかもしれません。もちろん、過去に同じようなことをしてきた方なのであれば「まずは100記事作成」でも問題なしです。

対策よりも大切なコンテンツ事前設計の重要性

コンテンツ制作でお悩みを抱えている方は以下について知りたいと考えています。

(要望)もっと集客につながるコンテンツを追加していきたい
(課題)どうやって成果の出やすいコンテンツを追加すればいいのか?
(経緯)適当にやってみたけどやっぱり結果が出なかった…

重要なのは「キーワードの洗い出しとコンテンツ設計」です。

今回はわかりやすく例として「営業会社」から依頼があったと想定しておきましょう。クライアント的にも「広告を出す」よりもコンテンツマーケティングの方が成果も出るので長期的に利益を産みやすいです。

コンテンツ設計を進める3つのステップ

大まかに流れを説明すると以下です。

1. 見込み顧客が検索するキーワードを洗い出す
2. 各キーワードを想定した事前設計書を作っていく
3. 記事を投稿して更新ができる状態に仕上げる

- 超快速なワードプレスを運営しませんか?【AD】-

上記の「1〜3」までの準備が整えばあとはクライアント側で記事を追加していくだけ。どういった記事を書くのか?という作成するコンテンツの整理も必要ですが、事前設計が完了すれば下準備は万全です。

事前設計(キーワード選定・カテゴリー決定・タグ付け)について

では具体的な「事前設計」について解説していきます。

・需要の高いキーワードを選定する
・自然な構成でカテゴリー階層を作る
・投稿時のタグ付けルールを決める

事前設計ではさまざまなツールを併用する必要があるので以下で詳しくご紹介いたします。先にお伝えしておくと大きく2種類を使います。1つ目がキーワードプランナー。2つ目がサジェストツールです。

需要の高いキーワードを選定する

端的に言えば「需要の高いキーワード=見込み顧客が検索するキーワード」です。

つまり「想定するキーワード」で「アクセスの質」も変わるので何よりも重要な設計です。キーワードの選定にはキーワードプランナーを使います。業界では有名な話ですがキーワードプランナーではメインキーワードを入力すれば周辺の近しいキーワードもすべて同時に拾うことができます。

たとえばメインキーワードが「営業」だと仮定しましょう。

1. 営業
2. 法人
3. 転職

営業というキーワードを軸に調べると「法人」「転職」という単語が近しいキーワードだということが洗い出せます。

ただ、検索ボリュームが大きいキーワードなのでもう少し絞り込んだ方が成果は出やすいです。あえてこのままサイト設計を行っても問題はありません。このあたりはどの程度の規模を狙うのかに影響されます。

では「営業職」で絞ってみましょう。

1. 営業職
2. 無形商材
3. 販売職‪

営業職に近しいキーワードで「無形商材と販売職」という単語が見つかりました。

自然な構成でカテゴリー階層を作る

次にキーワードプランナーで拾ったキーワードから関連単語を調べます。

関連単語は「サジェストキーワード」と呼ばれています。ちなみにサジェストキーワードを調べるツールはかなりの種類があります。有名どころでは「関連キーワード取得ツール」や「ウーバーサジェスト」。

ちなみに「営業・法人・転職」の各キーワードで洗い出した関連キーワードは以下。

転職という市場がすでに大きいのでこの設計であれば大規模なコンテンツ設計ができそうですね。そして参考までに以下が「営業職・無形商材・販売職」の各キーワードで洗い出した関連キーワード。

コンテンツ設計をどの規模で行うのか?も重要です。個人的な感覚では大規模なウェブサイトは成果までに時間がかかるので「営業職を目指す方」へ向けて後者のキーワードで事前設計を作ります。

このあたりはどちらが正しいのかはありません。どの規模で取り組むのかで決定してください。サジェストキーワードはGoogleやYahooの検索結果に表示される関連キーワードと同じです。

コンテンツ設計時に「どういったカテゴリー構造にするのか?」はサジェストキーワードで決定します。

投稿時のタグ付けルールを決める

最後に記事作成時に付与するタグ付けのルールです。

クライアント側で記事を追加していく際に「タグ」をどう指定するかを決定しましょう。たとえば記事の終わりに表示させる「関連記事」をタグで振り分けを行う場合は特に重要となってきます。

関連記事は同じカテゴリーの記事をランダム表示にするという方法もありますよね。もし将来的にタグでの振り分けも試してみたい場合は「タグ付けのルール」が必要です。以下が入力した例の1つです。

キーワードプランナーとサジェストツールの使い分け

さきほど「キーワードプランナーは主軸となる単語の発見」そして「サジェストツールは関連する単語の発見」に使えるとお伝えしましたよね。よく似たツールですがこの使い分けが重要です。

・キーワードプランナー(よく似た業界の近しい単語を見つけるツール)
・サジェストツール(ユーザーが調べている細かい単語を洗い出すツール)

もし「営業会社」を運営しているのであれば以下となります。

▼主軸とするキーワード
営業職・無形商材・販売職

▼参考にするキーワード
営業職
└ 営業職
└ 営業職 きつい
└ 営業職 志望動機
└ 営業職 英語
└ 営業職 女性
└ 営業職 種類
└ 営業職 転職
└ 営業職 向いてる人
└ 営業職 適正
└ 営業職 年収

無形商材
└ 無形商材
└ 無形商材 業界
└ 無形商材 営業
└ 無形商材 法人営業
└ 無形商材 志望動機
└ 無形商材 有形商材
└ 無形商材 例
└ 無形商材 不動産
└ 無形商材 法人営業 おすすめ
└ 無形商材 法人営業 企業

販売職
└ 販売職 志望動機
└ 販売職 転職
└ 販売職 求人
└ 販売職 職務経歴書
└ 販売職 きつい
└ 販売職 年収
└ 販売職 自己pr
└ 販売職 転職 難しい
└ 販売職 種類
└ 販売職 メリット

なんとなくイメージはできてきましたでしょうか?重要なのはここからです。

キーワード選定は競合他者サイトの存在も考える

下記のおおざっぱなルールが出来上がったら次は競合チェックを行いましょう。

・需要の高いキーワードを選定する
・自然な構成でカテゴリー階層を作る
・投稿時のタグ付けルールを決める

もしライバルが強い場合や、見落としているキーワードがあれば随時微調整を加えていきます。

競合をチェックする方法は手動と自動がある

仮に上記の設定で進めるのであれば「営業職・無形商材・販売職」の3キーワードで検索エンジン1位を目指してサイト運営を行うことになりますよね。そこで各キーワードで競合を確認しましょう。

各キーワードで上位表示されているサイトをすべてスプレッドシートなどにまとめて整理してください。そしてライバルサイトの規模や書いている内容を確認して入る隙間があるのかをしっかりとチェック。

有名な自動チェックツールでは「Ahrefs」などがあります。

コンテンツ設計をすべて終えてから記事を作成する

ここまできてようやく記事の作成に入ります。基本的な記事の作成手順については以前に「記事タイトルの付け方」で公開をしているのでぜひ併せてご参照ください。タイトルの作り方はかなり重要です。

検索エンジン対策(SEO)を外部会社へ依頼する際に抑えるべき6つの内容とは

無駄な手間はできるだけ省くのが吉

検索エンジンでの上位表示は決してカンタンではありません。

というより「そもそも上位表示が不可能なキーワードも多い」です。実際の手順ではコンテンツ記事を作成していく段階で1つずつキーワードとライバルの強さをチェックしていく必要があります。

ライバルサイトのチェック時に目安になるのが以下です。

・キーワード難易度(サイトの洗い出し)
・競合サイトの強さ(ドメインランク)
・競合のインデックス数(全部の記事数)

どういったカテゴリー階層にするのか?で今後作成していくコンテンツの方向性も変わっていくのでキーワードの洗い出しはとても重要です。参考までに当サイトのカテゴリーを貼っておきますね。

ちなみにカテゴリー名は検索エンジンの結果にも表示されるのでかなり重要です。

まとめ

本日はSEOを考慮したコンテンツの事前設計について解説させていただきました。

・どの規模でウェブサイトを作るのか?
・キーワード選定に過不足はないか?
・ライバル競合の強さはよく調べたか?

色々と調査しながら作っていくのが「コンテンツ設計」です。

本記事でご紹介した内容はあくまでも1つの例になりますがこれからコンテンツ制作に取り組みたい方はぜひご参考くださいませ。成果が出るかどうかは事前設計にかかっているので時間をかけましょう。

当研究所ではコンテンツ設計の代行(15万円〜)も承っております。詳しくは以下からご相談くださいませ。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

ブログでお困りの方へ

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

国内最大級の広告サービスでエンジニア職

⇒ 今すぐ募集内容をチェック - 株式会社ファンコミュニケーションズ【AD】 -

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください


今すぐ立ち上げ方を学ぶ

どこか懐かしく昭和感のあるBGM

WordPressに活用できる技術