すでに満員のジャンルとまだ空席があるジャンルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたが今Youtubeチャンネルを開設するならどんなジャンルで始めますか?どんなジャンルにもすでに先客たちで埋まっているジャンルと、まだ参入者が少ないけれど需要の高いジャンルがありますよね。

本日は「満席のジャンルと空席のジャンル」について解説させいていただきます。

すでに満員のジャンルとまだ空席があるジャンルとは?

たとえば「エンタメ枠」はもっとも高速で埋まっていくジャンルです。

Youtubeの有名どころでは「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」など人を楽しませるために活躍している方々がいるジャンル。たとえばテレビ番組でもお笑い番組はエンタメ枠になります。

今からあえてエンタメ枠に参入するなら相応の戦略が必要となります。どう違いを見せるかですね。

・一般的なエンタメ枠と比べると人数が圧倒的に多い(マンパワーを活用する)
・見た目が美人や男前で視聴者を引きつける力がある(ビジュアルを利用する)
・流行の察知力と企画を作り込む力がずば抜けている(奇抜アイデアの持ち主)

ただ、最近は芸能人が一気に参入してエンタメ枠も競合が多くなりましたよね。

空席があるジャンル

実は最近すさまじい勢いで伸びているYoutubeチャンネルのジャンルがあります。

それは「シングルファーザー」です。言い換えれば皆が心の奥で気になっていた真相を知りたかったジャンル。たとえば「シングルマザー」であればなんとなくどんな生活をしているかの想像がつきますよね。

しかし「シングルファーザー」になると別です。潜在欲求として「男性が育児をする様子」や「どんなご飯を食べているか?」が気になっている方は多いのでジャンルとしてはまだライバルも少なくなります。

参照:youtube.com

5月末チャンネル開設で1ヶ月もしない間に「登録者5万人を突破」する需要の高さ。

なんとなくですが「でも私はシングルファーザーではないし…」そのような声も聞こえてきそうです。参入するジャンルとタイミングさえ考えておけばチャンスは意外とあなたの近くにあるかもしれませんね。

Youtubeはもう遅い?ブログはもうオワコン!?そんな情報には振り回されずになるべく早く準備へ取り掛かることをおすすめいたします。残念ながら情報に振り回されているうちは何も手に入りません。

最近の変わり種ジャンル

別ジャンルで言えば「本人公認の切り抜き動画」も少しずつ見かけるようになりましたよね。少し視点を変えるとまだまだチャンスがあります。多くの方はエンタメ枠を狙うので失敗しやすいです。

少し裏側の話をすれば「急激に伸びているジャンル」は洗い出すこともできるので本格的にYoutubeへの参入を考えているならジャンルの調査から入ることをおすすめいたします。下準備で成果は別れます。

ひと昔前であれば「キャンプ系」も流行りましたよね。テレビ番組もYoutubeもどんな業界でもエンタメ枠から埋まっていくのが定説です。入るジャンルは事前によく考えてから行動に移しましょう。

まとめ

本日は「満席のジャンルとまだ席があるジャンル」について解説いたしました。

最近は「1日でも早く行動しましょう!」といったメッセージをよく見かけます。しかし、当研究所では「事前にしっかり考えて準備を整えて迅速な行動をとりましょう」という姿勢が重要だと考えています。

どんなスポーツであっても効果的に成果を出すには「十分な下調べ、事前の柔軟、ならし運動」最低限必要な準備がありますよね。まったく下準備をせずに走り出しても足をつっかけて転んでしまうだけです。

そんな状況で「転げたじゃないか!」と声を荒げても仕方ありません。物事には適切な下準備があります。そこにはビッグデータの活用も当然必要です。しかし、すでに大きな成果を出している人から見ると「ビッグデータの活用なんかより自分がやりたいようにやれ」という意見もあります。

すべては「確率論」なのでより高い可能性にかけて念入りに行動することは間違いではありません。たとえどんな選択をとったとしても、自分自身の環境やタイミングも大きく関係してくるのが常ですよね。

考えすぎると動けなくなりますが十分な準備を整えて1つずつ進めていきましょう。

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

集客とマーケティングの違い

WordPressマーケティング入門