過去の記事データを複製しつつ効率的にコンテンツ作成を進める手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本記事はワードプレスで情報を更新する手順を1から学びたい方に最適です。基本的に管理画面へのログインには下記情報が必要となります。ログインに必要な情報は制作者から事前に教えてもらいましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
▼管理画面へのURL
http://example.com/wp-admin

▼ユーザー名
example

▼パスワード
example123
ーーーーーーーーーーーーーーーー

上記ログイン情報はあくまでもサンプル例としての情報なので実際のURLやユーザー名・パスワードは構築環境によって異なりますので詳しくは制作者までお尋ねください。

もし手元にログイン情報が揃っている方は具体的な手順は以下からご参照ください。

過去に書いた記事から複製する手順

コンテンツは「複製機能」を使うと、過去に書いた記事を流用して最小限の手間で作成ができます。

手順はシンプルです。ブログ記事の「投稿一覧」を開くと過去に書いた記事が一覧で表示されます。記事の部分にマウスでカーソルを合わせると「複製」というボタンが表示されます。ボタンをクリックすると内容をそのまま複製(コピー)して記事作成ができます。
初めから記事を作る場合は「複製」を使わず「新規追加」から行なってください。

もし「複製」を押すと、作成ページに画面が移動します。タイトルや本文は複製した元の文章が丸々コピーされるので編集して使ってください。なお、本文では「絵文字(iマーク)」が使えますので、好きなアイコンを自由に挿入してご利用いただけます。

本文の部分に「絵文字(iマーク)」が表示されていない場合は「ビジュアルモード」になっていない可能性があります。ボタンが表示されていない場合はエディターモードのタブを「ビジュアル」側に切り替えてください。

スマートフォンやタブレットからも同様の操作が可能ですが、絵文字の挿入は少し操作しづらいです。記事の複製や新規追加はパソコンで操作をするのがもっとも楽(カンタン)なので可能な限り手元にパソコンを置いた状態で作業を進めるようにしてください。

上記では省略しましたが、スタッフ管理も操作手順は基本的に同じです。ワードプレスには記事毎に「サムネイル画像」が設定できたり想像以上に色々な機能がありますので実際に操作して覚えていきましょう。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する