カスタム投稿画面用にCSSファイルを読み込む方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カスタム投稿用の設定画面をCSSでデザイン調整する方法をご紹介いたします。

カスタム投稿画面用にCSSファイルを読み込む方法

管理画面内でカスタム投稿タイプを判定。以下は投稿タイプ(sample)の例です。

// カスタム投稿画面用にCSSを追加する
function custom_post_admin_css_include() {
	global $post_type;
	if ($post_type == 'sample') {
		?>
		<link type="text/css" href="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>css/sample-admin.css" rel="stylesheet" />
		<?php
	}
}
add_action('admin_head', 'custom_post_admin_css_include');

もしCSSの格納先をプラグインディレクトリを対象にする場合は以下でOKです。読込ませる先が違います。

// カスタム投稿画面用にCSSを追加する
function custom_post_admin_css_include() {
	global $post_type;
	if ($post_type == 'sample') {
		?>
		<link type="text/css" href="<?php echo plugin_dir_url( __FILE__ ); ?>css/sample-admin.css" rel="stylesheet" />
		<?php
	}
}
add_action('admin_head', 'custom_post_admin_css_include');

なお、管理画面にカスタム投稿タイプの設定を追加する手順は前回にまとめた別の記事をご参照くださいませ。

カスタム投稿タイプを作成する手順

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください