ユーザー権限別でコンテンツ保護ガードを無効化できる機能がついた新プラグイン「Copy Guard Hyper Premium」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当研究所の大人気プラグイン「Copy Guard Hyper」が会員サイト向け高機能版になって新登場いたしました。無料版プラグインはこの機会をもって一時的にアップデートが終了となりました。もちろん、すでに無料版プラグインをご利用いただいている方についてはそのまま継続してご使用いただけますのでご安心くださいませ。

マウスでのテキスト選択から右クリック操作までスマホのタップ長押しコピーなども禁止化するプラグイン「Copy Guard Hyper」

ユーザー権限別でコンテンツ保護ガードを無効化できる機能がついた新プラグイン「Copy Guard Hyper Premium」

無料プラグイン「Copy Guard Hyper」の上位版が「Copy Guard Hyper Premium」。

ガードを外す権限が設定可能

プラグインを有効化すると「設定 > Copy Guard Hyper Premium」が追加されます。設定画面では「コピーガードを動作させるユーザーの権限」を細かく設定できます。たとえば“管理者のみ省く”などが可能。

設定画面は以下の通りです。

投稿者のガード機能を無効にする

もし「投稿者権限のユーザー」でコピペを有効化したい場合は下記に設定すればOK。

上記は「投稿者のみ」コピーガードを外した状態となります。コピーガードはデフォルトで管理者や来訪者を含めすべてに動作いたします。ユーザー権限で外したい場合は「ON」に変更ください。

以下の通りスイッチをONにした権限は「テキストや画像のコピー操作」が可能です。

お好みのユーザー権限で設定

更新作業効率を上げるために「管理者のみ」で設定するなどご自由に設定ください。

まとめ

本日は「Copy Guard Hyper Premium」をご紹介いたしました。

本プラグインは会員サイトで使うと便利です。たとえば運営する会員サイトに「寄稿者」「購読者」の2種類の会員がいる場合に“寄稿者だけ本文のコピペ権限を与える”といった運用も可能となります。

もちろん、複数権限に同時指定もできるため「管理者と編集者と投稿者ではコピーガードを使用しない」といった組み合わせでも問題なく動きます。会員サイトのユーザー種類に応じてご設定くださいませ。

本プラグイン「Copy Guard Hyper Premium」は先行販売なのでまずはお問い合わせいただけますと幸いです。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

【必読】会員サイトとは

WordPressのカスタマイズ