コンテンツライティングで文章力を高める時に使いたい転換詞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
初心者さん
オウンドメディア集客ではライティング(文章力を磨く)が大切だと教えてもらったけど文章の展開が難しい。文章をスラスラと書けるようになる方法はないかなぁ・・・。

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • ライティング力を高めてオウンドメディアの質を上げたい
  • ブログを書いているけど文章の展開方法が解らない
  • 文章を執筆する時間をもっと短縮できるようになりたい

1時間に何文字書けるかはライティングを行う上でとても重要な指針となります。1時間に500文字しか書けない人と1時間に1500文字書ける人とでは生産性が3倍も異なるからです。

もしあなたがWebライターとして活動していきたいなら最低でも1時間に1000文字程度は書けるようになりましょう。正直、1時間に1000文字は慣れれば誰でもクリアできます。

ちなみに僕自身は3000文字書くのに10時間以上もかかっていました。文章を書くという行為は意外にも難しいです。義務教育では長文を書くのは夏休みの読書感想文くらいです。今でこそ1時間に2000文字は書けるようになりましたがコツは『書き方と場数』だと思っています。

文章の書くコツについて

はじめに断っておきますが僕は読書感想文が苦手です。またコンテンツを書く際にも自分の頭で思い浮かんだ内容をまとめるのは得意ではありません。ではなぜ書けるのか?答えはルールに沿って書いているからです。コンテンツライティングでは世の中が求める内容が決まっています。

たとえば「文章力」について一般的に調べられている内容は下記のキーワードです。上から順番に調べられている検索数が多いキーワードとなっています。つまり「文章力」について知りたい人の中で一番多いのは『文章力の基本』を詳しく学びたいと考えているというのが世間のニーズです。

  • 文章力の基本
  • 文章力とは
  • 文章力 本
  • 文章力がない
  • 文章力検定
  • 文章力 鍛える
  • 文章力 講座
  • 文章力を伸ばす
  • 文章力 小学生

もし「基本」を学びたい人が多いなら「応用」を教えても喜んでもらえませんよね?オウンドメディアで記事(コンテンツ)を作る際は常に検索者の需要に基づいて本文を書く必要があります。
検索ニーズは「関連キーワード取得ツール」で調べられますのでぜひご活用ください。

▼関連キーワード取得ツール
http://www.related-keywords.com

今回は「コンテンツライティング」を学びたい方へ向けて記事をまとめさせていただきます。コンテンツライティングは言葉の通り「情報の中身を書く方法」です。一般的にはコンテンツライティングを行う際のコツを学びたい方が多いので本記事はコツ(テクニック)についてまとめますね。

文章に使える接続詞

文章を執筆する際は「接続詞」を使うと文章を描きやすくなります。接続詞は言わば「つまり」など次の文章を書き出す時に枕詞として活用する単語です。ただ、接続詞はバリエーションが少ない。そこで僕たちは「転換詞」と呼んでいる言葉をコンテンツのライティングに活用しています。

とても便利な転換詞

基本的にはすべて接続詞の仲間です。ただ、接続詞は前後の文章をつなぐために使う単語です。僕たちが使っている転換詞は新しく文章を書き出す時(前後の連結も)に使えます。簡単に言えば接続詞の発展版が『転換詞』。接続詞も含まれますが使い分けるために勝手ながら名付けました。
以下に参考となる転換詞をいくつかまとめましたでぜひご覧くださいませ。

  • あるいは
  • あるとき
  • 言い換えれば
  • 言うまでもなく
  • 今にしてみれば

一般的な接続詞の「つまり」や「そして」や「または」といった単語を連発してしまうと文章が単調になりがちです。そこで上記の転換詞が役に立ちます。簡単に補足をつけますね。

○あるいは

接続詞の「または」を言い換えた言葉。先に書いた内容を多少覆す表現。文章で「または」を連発してしまう場合に「あるいは」や「もしくは」といった単語があれば展開しやすいです。

○あるとき

少し前を指す単語には「以前/この間/先日/ひと頃/一昔前/その昔」など時期によって色々な使い分けができます。あまり時期が重要でない場合は「あるとき」でも展開できます。

○言い換えれば

すでに書いた内容をもう一度しっかり伝えいた時は「言い換えれば」という書き出しが便利です。簡単に言えば「かいつまんで言えば/わかりやすく言うと」などに似たニュアンスです。

まだまだある転換詞

上記に3つ簡単な説明をつけましたが、なんとなく使うシーンのイメージがつかめましたでしょうか?普段でも本を読んでいると想像以上に転換詞は見つかりますので、使えそうな単語があったら忘れずにその都度メモ帳やブログ記事に「下書き保存」しておくことをオススメいたします。

  • あるいは
  • あるとき
  • 言い換えれば
  • 言うまでもなく
  • 今にしてみれば
  • 意外な発見は
  • 一般的に
  • 多くの場合
  • 同じように
  • 驚いたことに
  • 興味深いことに
  • 今度は
  • 具体的に言うと
  • この場合も
  • しかし
  • 数年前
  • たとえ
  • たとえば
  • 端的に言えば
  • つまり
  • 当然のことながら
  • どちらの〜も
  • ほとんどの
  • また
  • まず
  • もう〜は
  • もう1つの
  • も、さることながら
  • もしも
  • もちろん
  • やはり
  • を問わず

まだまだ使える転換詞はありますが、少し多すぎるのでこの程度にしておきますね。たとえば上記で洗い出した「端的に言えば」も「端的には」と言い換えたり「端的に言うと」など微妙に変化させるとあらゆる文章に活用できるはずです。最適な書き方は文章の質によって異なってきます。

まとめ

コンテンツライティングのコツについて簡単にまとめさせていただきました。今回は文章を展開する方法について詳しく触れていきました。こうやって学ぶとそれほど難しくありませんよね。

結局はライティング時に書き方のコツ(テクニック)があるというのが答えです。僕たちが足し算を理解しないままで「かけ算」はできないように基礎が存在しています。

自社でライターを抱えてオウンドメディアが構築できるとメリットも多いです。自社メディアからのアクセスを確保できればGoogleやYahoo!のクリック課金型広告を出稿する必要もありません。

ごく稀に何も理解されていない状態で「オウンドメディアなんて必要ない」と思われる方もいらっしゃるようです。もし集客にまったく困っていなければオウンドメディアは不要でしょう。

しかし、クリック課金型(リスティング)広告に定期的に出稿されているなど、ランディングページのアクセスを有料広告から獲得している状況であればオウンドメディアがすべての代用になります。またオウンドメディアの構築は「日々の積み重ね」なので特に更新が難しいわけでもありません。

もし興味があればぜひライティング力を磨いて今より質の高いコンテンツを作成ください。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する