【コンテンツ作成の心得】ウェブサイトを自社メディアとして運営する人へ向けた行動指針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【コンテンツ作成の心得】ウェブサイトを自社メディアとして運営する人へ向けた行動指針

個人的なブログ日記、集客用オウンドメディア向けの記事、動画、音声、どういったコンテンツを作る場合も基本的な行動指針は変わりません。すべてに共通している本質的な部分なのでぜひご参考ください。

やる気を高める行動指針 11箇条

怠慢の入り口になりえる「あなたらしく」というささやき。自分自身を奮い立たせる言葉を積み上げましょう。

01. とにかく作り続ける

基本設定さえ間違えなければ、魂を込めたコンテンツはかならず読み手へ届く。安心して作成しつづけよう。

02. 原因をすり替えるな

成果が出ないなら原因はどこかに潜んでいる。誰かのせいにするな。前を見つめろ。

03. 手段と目的を混同しない

目的は目的であり、手段は手段である。結果を恐れて手段を目的化してはいけない。

04. いづれ収束する

時が経てば解決する。一喜一憂することはない。日々、学び努め活動にいそしめ。

05. 欲に飲まれるな

行動は脳からの司令。脳は欲望と24時間戦っている。寝ている間も欲は押し寄せる。

06. 負ける美学

爬虫類脳が動く瞬間を見極めろ。口をとがらす時間があればコンテンツを磨こう。

07. 言葉は生き様

人の容姿を作るのは言葉。年々身体に反映されつづける。意識を慎(つつし)め。

08. くつがえす勇気

常識とは、いつ、誰が、何を基準に作ったのか。冷静な判断力を持っていればいい。

09. 見栄を張るな

誰かによく見られたい、すごいと言われたい、もっと褒められたい。そんな感情は手放せ。見栄は他人の目。

10. 欲しがりは相手にされない

自分からは価値を提供せず、一方的に欲望を押し付ける人は成り立たない。相手への配慮を怠(おこた)るな。

11. すべてを凌駕せよ

結果のさらに先まで見据える思考法を養(やしな)え。届けるときは“ほんの少し先”がいい。常に基準が大切。

まとめ

コンテンツ作成を繰り返して自分なりの行動指針を作りましょう。常にアップデートを繰り返すことも忘れないように。コンテンツは公開して終わりではありません。時代の状況に合わせて「多くの方が閲覧している端末(スマホ機種)」の実機でも操作を試したり定期的に確認しましょう。

以下の記事も参考になりますので、ぜひご一読ください。コンテンツは宝物です。

ワードプレスを高く評価している検索エンジン(Google)が掲げるコンテンツの本質

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -