書いて伝えるコピーライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コピーライティングの力を今よりも高めたいですか?当研究所では常に文章磨きを意識しています。公開中のコンテンツも日々チェックして少しずつ書き直しています。ライティングの世界では文章を書き直す作業は「リライト」と呼ばれていて文章を仕上げていくうえでは大切な工程です。

文章を書く技術(ライティング)に100点はありませんが、いくつか意識するだけでぐっと読みやすい文章になります。当研究所でも心がけている内容があるので以下で詳しく解説させていただきます。

書いて伝えるコピーライティング

文章では“添削”と呼ばれる「文字の修正」を生業としている方もいらっしゃいます。

当研究所は添削のプロではありません。しかし、普段から文章を作る際に意識している点があります。以下ではちょっとした文章テクニックをご紹介させていただきます。ぜひご一読くださいませ。

1. 来訪者の目的を考える
2. 来訪者の知識を理解する
3. 変な繰り返しは避ける

ざっと上記の3つです。1つずつご紹介いたします。

1. 来訪者の目的を考える

ブログでもホームページでも集客向けのコンテンツを作るならタイトルが重要です。

たとえば本記事のタイトルは「書いて伝えるコピーライティング」。となれば来訪者の目的は「読み手に伝わるコピーライティングの技術を学びたい」ですよね。来訪者のゴールは文章力を上達させること。

相手の目的をしっかりと理解してから文章を書く。当たり前かもしれませんがとても重要な考え方です。

2. 来訪者の知識を理解する

何かを伝える時は相手側の「知識」について考えておきましょう。

たとえば「コンテンツが何か解らない人」なら「コンテンツとは何か?」から話さなければなりません。コンテンツが何かを理解してもらってから「コンテンツの作り方やコンテンツの活かし方」を伝えます。

相手側の知識を事前に理解するのはむずかしいですが、ペルソナ(架空の顧客)を想定すれば仮定も可能ですよね。以前にペルソナについて触れた記事があるので以下も併せてチェックくださいませ。

アクセスが少ないウェブサイトに足りていないたった1つの要素とは

3. 変な繰り返しは避ける

コンテンツ作成では同じ内容を「最低3度は伝えよう」という考え方があります。

▼1回目
・本記事では文章の書き方や基礎が学べるのでおすすめです。

▼2回目
・文章の書き方や基礎を学べばどんな記事も上手に仕上げられます。

▼3回目
・基礎からライティングを覚えるとあらゆる文章が書けます。

実際は上記の文章を連続して書くわけではありません。他にもさまざまな内容を織り交ぜながら書き上げます。1回目も2回目も3回目も言っている内容はほぼ同じですよね。ちなみにダメな繰り返しが以下。

・車に乗車する

当然ですが「禁止行為」ではありません。一般的に二重表現と呼ばれていて単純に素人っぽくなるだけです。たとえば「後で後悔する」という文章もそうですが「あとで後悔する」と書けば違和感は消えます。

ただし、後悔には「後で」という意味も含まれているので避けたほうがいい場面もあります。たとえば上記で例に出した「車に乗車する」も「車に乗る」や「バスに乗車する」であれば自然ですよね。

二重表現はそれほど意識しなくてもいいですが、同じ単語が入る「受注を受ける」などは微妙かもしれません。自然な言葉では「発注を受ける」。または「オーダーを受ける」と言い換えましょう。

まとめ

本日は「相手に伝えるためのコピーライティング」を解説させていただきました。

先述した通り文章作成に正解はありません。たとえどんなライティングであっても立派な文章です。細かい点を意識しすぎると「公開前」から誰かの目が気になって行動すら面倒になることがありますよね。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

大切なのは文章の上手さや執筆テクニックではありません。まずは公開して後から微調整をしていきましょう。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください