下書きの記事や公開済みの投稿内容の文字数を一覧からチェックできる便利プラグイン「Content Volume Checker」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

記事が増えてくると、途中まで執筆した記事が溜まってきます。複数の下書き記事がある場合、もっとも進んでいる記事から書いた方が効率よく記事を仕上げられるので文字数を確認したい場面が出てきます。

記事詳細をひらけばトータルの文字数はチェックできますが、すべての記事を確認していると時間がかかるので一覧記事で文字数を確認できる機能があればとても便利です。そこで本日は文字数をカウントできるプラグインをご紹介いたします。なお、文字数は目安程度にご使用くださいませ。

下書きの記事や公開済みの投稿内容の文字数を一覧からチェックできる便利プラグイン「Content Volume Checker」

インストール手順をご紹介いたします。まずは「プラグイン > 新規追加」をクリック。

そして「プラグインをアップロード」。

すると以下の画面が表示されます。

デスクトップにダウンロードした「ZIPファイル」を「ファイルを選択」へドラッグしましょう。

次に「今すぐインストール」をクリック。

画面が切り替わったら「プラグインを有効化」をクリックしてください。

無事有効化されると「プラグインを有効化しました」と表示されます。

プラグイン一覧に下記が表示されていたらインストール作業がOKです。

有効後に投稿記事一覧を見ると「執筆量(文字数)」の項目が追加されています。

バージョン1.0.1では正確な文字数をチェックできるようにアップデートしています。

もし下書きが増えてきて、記事を仕上げる時にどの記事から続きを書けば良いか判断がつかなくて困っていた方はぜひ当プラグイン「コンテンツボリュームチェッカー」をご利用くださいませ。

オウンドメディアでは「投稿記事」の文字数が重要なので固定ページ側のカウント機能はありません。もしリクエストがあれば固定ページ側への文字カウントも検討するようにいたします。ぜひご活用ください。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

💻手に職をつけて安定的に働きたい人

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 受講料無料でプログラミング習得 -

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください