require_onceの結論(柔軟で最適な記述)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PHPファイルから外部ファイルの読込み時に使う「require_once」。PHPはさまざまなバージョンがあるのでたくさんの書き方があります。そこで本日は個人メモとしてベストな書き方を残しておきます。

require_onceの結論(柔軟で最適な記述)

結論から言うと現時点では以下が最善。

require_once __DIR__ .'/file/test.php';

ただ、PHPバージョンが5.3以降で追加された機能なので古いPHPを使う場合は下記。

require_once(dirname(__FILE__) . '/file/test.php');

毎回忘れてしまうので業務メモしておきます。当然ですが「require_once」以外に「include」や「require」もあるので状況に応じて使い分けるのが最適。無駄のないプログラミングに仕上げていきましょう。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください