co.jpと.comの違いとそれぞれのメリットとデメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

co.jpと.comの「明確な違い」をご存知でしょうか?本日はあらゆる角度からこの2つの違いを深掘りさせていただきます。いつも通りひとつの方向へ寄ってしまわないようにさまざまな面から解説いたします。

co.jpと.comの違いとそれぞれのメリットとデメリットとは?

ドメインはインターネット上の居場所をあらわす唯一の住所です。そのため“皆が知っている”は正義です。今回は国内企業向けに最適な「co.jp」と、グローバル展開も可能な「.com」のドメインを取得するメリットとデメリットに詳しく触れていきます。結論から言うと「.com」がおすすめです。

co.jpを取得するメリット

有名な話ですが「co.jp」は管理会社が噛んでいるので取得費用も割高です。取得費用が高くなれば更新費用も同じく高額になります。ただco.jpドメインは日本国内で登記を行っている会社しか取得ができません。

企業によっては運営先のウェブサイトが「co.jp」かどうかで取引きを決定する会社もあります。一般的なドメインと比べると取得ハードルが高くなる分、信頼という面ではプラスになるのが最大のメリットです。

co.jpを取得するデメリット

デメリットは取得手間とコストの高さです。一般的なドメイン(.com/.net/.jp等)はその場ですぐ取得できるのに対して「co.jp」はどうしても手続きに時間がかかります。考え方によっては機会損失となります。

平均すると取得までにかかる日数は「3〜10日間」。そしてドメインの更新費用は「4000円」ほどかかります。ドメインを管理するサービスによっては取得に1万円、更新に8千円かかることもあります。

.comを取得するメリット

グローバル展開に強いドメイン「.com」。取得費用も更新費用もドメインのなかでは最安値。つまり国際的な活躍を視野に入れつつも運営コストはもっとも安いです。

ドメインに詳しい人のなかでは当たり前ですが「.com」は価値がもっとも高いドメインです。理由はもっともベーシックなドメインだからです。インターネット=ドットコム(.com)という印象を持つ方が多いようにドメインのなかでは一番有名なドメインです。誰もが知っているドメイン。

多くの方は「.com」が欲しいです。インターネット上で中心となっている独自ドメインで、さらにグローバル展開も可能で、かつ維持していく費用も一番安いという理由からです。ただ高確率で埋まっています。

ドメインは「早いもの順」です。大半は「.com → .jp → その他」と「.com」が最優先で埋まります。ブログサービスの「note」が最終的に「note.com」を取得(.mu → .jp → .com)した話が良い例ですね。

▼note.mu
取得日:2013/12/17

▼note.jp
取得日:2001/03/26

▼note.com
取得日:1995/05/03

今やどんな事業を始めるにしても「ドメインは必要不可欠」です。インターネット上の自分自身の居場所をアドレス(住所)として示すための文字(URL)なので当たり前といえば当たり前ですよね。

取得したいときに空いていなければ「交渉して買い取る」以外に選択肢はありません。ごく稀に所有者がドメインを失効してしまい後から運良くドメインが空くケースもありますので順序が逆になる場合もあります。個人的な感覚では“取得日が早いかどうか”よりも「.com」を持っているかどうかが何よりも重要だと考えています。

言ってしまえば「.co.jp」を持っている企業も高確率で「.com」を狙っています。ベンチャー企業では変わり種ドメイン「.co等」を取得して後に事業が拡大したタイミングで「.com」へ変更する場合も多いです。

.comを取得するデメリット

正直デメリットはありません。強いて言うなら先に「.com」以外を取得していた場合に、後から「.com」を取得するとドメインの維持費が2つ必要になるという点。ドメイン変更では古いURLから新しいURLへリダイレクト(自動転送)をかけつづけることになるのでドメイン維持費は上がります。

理想的なのは「.com」をどのドメインよりも先に抑えることです。そして他のドメインは一切取得しない。もし運良く「.com」を取得できたのであれば1つに絞って運用しつづけるのがおすすめです。

ドットコムは「どっと混む」という“事業がうまくいく意味合い”ともかけられているので縁起もいいです。デメリットは取得できなかったときに後から取得すると莫大な費用がかかる可能性があるという点。取得できなかった話なので「取得するメリット」とは少し違いますね。言ってしまえば実質デメリットはありません。

ドメイン価値の話

世界で最も短いドメイン「z.com」が8億円で落札されました。またこれまでに高額で落札されたドメイン10位はすべてが「.com」です。個人的に気になったのは6位の「diamond.com」。落札額は「$7,500,000」なので日本円に換算(1ドル110円で計算)すると8億25000万円です。そしてまた売りに出されています。

こうして見てもインターネットの世界では「.com」が圧倒的に高いです。こまめにチェックできる方であれば美味しいドメインを取得できる可能性も上がります。ドメインは運次第ですが2002年からずっと埋まっていたドメインが2017年に偶然空いたのでビジネスパートナーへお知らせして抑えたこともあります。

またドメインは所有者が海外在住者であることも多いので、購入には交渉力も必要です。5年ほど前、ドメイン所有者から50万円と提示されたことがありますが仲良くなって1万円で譲るという話もいただきました。随分と昔に取得されているドメインもタイミングで空くことがあるので定期的なチェックが肝心です。

まとめ

本日は「co.jp」と「.com」のメリット・デメリットについてまとめました。経験上、空いたドメインは一瞬で埋まるので気になったドメインがあれば早めに抑えておきましょう。数年前の出来事ですが「先週まで空いていたドメイン」が埋まっていたこともありました。ドメインの取得はタイミングが大切です。

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください