CentOS8のサポートが終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

CentOS 8のサポートが2021年で終了しますよね。カンタンに言えばCentOSは「サーバーのエンジン」です。もし仮に契約しているレンタルサーバーがCentOS 8で動いていたら自動で切り替えてもらえます。正確に言えばサポートが切れるのでサーバー会社がメンテナンスでOSの入れ替え作業を対応してくれるわけですね。

問題は「VPSサーバー」を契約している人です。つまりVPSサーバーは「OSのインストールも自由」なので状況によって担当したエンジニアが過去にCentOS 8をインストールしている可能性があります。

サポートが切れると今後CentOS 8は一切アップデートされません。となればセキュリティもバージョンアップされないので運営しているサーバーに不具合が発生する確率がどんどん上がっていきます。

下記で詳しく解説させていただきます。

CentOS8のサポートが終了

ホスティングサービス会社からそれぞれアナウンスがありましたよね。

参照:sakura.ad.jp

該当するサーバー種類

対象はVPSや専用サーバーといったユーザー側でOSをインストールするタイプです。以前にサーバー種類の違いをまとめた記事もあるのでどういったサーバーが該当するか知りたい方はぜひご一読ください。

クラウドVPSって何?

参考までにさくらインターネットでは下記のサービスが該当しています。

CentOSの8以外は?

ちなみにCentOS 7は「2024年6月30日までのサポート」です。CentOS 9がリリースされる予定はありません。CentOS 8を利用しているかもしれない方は早い目に対策しておきましょう。

早い目の対策がおすすめ

2021年中に入れ替えができなかった方もまだ間に合いますのでお早めにご確認くださいませ。

VPSサーバーでワードプレスを動かしていたり、独自のシステムを組まれている方は実際に担当したエンジニアかまたはサーバー設定をチェックできるシステムエンジニアへ保守を依頼するのがベストです。

放置したままではセキュリティ上よろしくないので更新できるに越したことはありません。

まとめ

本日は「CentOS 8のサポート終了」についてお知らせいたしました。

発表後すぐ数名からメンテナンスのご依頼をいただいたのでこの機会にご紹介させていただきました。ある意味でメンテンスを任せっきりにできるレンタルサーバーはコスパが高いのかもしれませんね。

サイト運営時の参考になれば幸いです。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

💻SEOに強いWordPressテーマ

⇒ 大人気のワードプレステーマ「賢威」 2万を超えるお客様がご使用中!

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください