今からドメインを取得するなら.comと.jpはどちらが最適か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これからブログやホームページを運営するとしたら使用する独自ドメインは「.com」と「.jp」のどっちが良いですか?といった質問を何度かいただいたので本記事で研究所なりの見解で決着をつけます。

今からドメインを取得するなら.comと.jpはどちらが最適か?

結論「あなたが何を優先しているか?」で選ぶべきドメインは異なります。では解説していきます。

1. ビジネス面で考えた場合

まずビジネスという観点で考えてみましょう。もしあなたが取り組んでいる事業が最終的にグローバルを目指しているなら間違いなく「.com(ドットコム)一択」です。グローバルでは「.com」が標準です。

comはcommercial(商用)の略で1985年から運用が開始されたもっとも歴史の長いドメインです。また有名ですがドットコム(ドッと混む)という縁起の良いドメインとしても人気があります。

ちなみに日本国内で考えると「.co.jp」という法人限定のドメインも注目されています。ただし、取得する際には重要書類の提出が必要だったり、維持費用も高いので好みが別れます。あなたが国内の大手企業との取引を中心としたビジネスをされているのであれば説得力も兼ねて「.co.jp」を選ぶのがベストです。

2. ブランド力で考えた場合

各ドメインには相手側に与える印象が各々で異なります。イメージは人それぞれがバラバラで持っているものなので「一方的に統一はできない」ということを念頭に置かなければなりません。

たとえば「.com」はコマーシャル(商用)以外にcompany(会社)という印象があります。つまり個人的な趣味に使うというよりはビジネス感を演出できるドメインでもあるわけです。一方で「.jp」はその名の通り日本企業ということをドメインで明記できます。ひと昔前まではTVコマーシャルで「ドットジェーピー!」という販促もあったのでそれほど悪いイメージもありません。もう1つ人気の高いドメインが「.net」です。ドットネットというだけあって「ネット関連に強そうな印象」がありますよね。

また「.org」というドメインもあります。名前は「組織・団体」を意味する”organization”から来ていますがワードプレスやモジラといったオープンソース(無料)プロジェクトで積極的に使われているので「無料」のイメージがあります。最近では「オーガニック」にかけて「.org」をあえて採用する人もいます。

ITのエンジニアやクリエイター目線ではどうしてもオープンソースの「.org」という感覚が強いですが、無農薬界隈の人からすると「.org」はオーガニックに結びついてイメージされる方も多いでしょう。

2014年には「.xyz」というドメインも出てきました。格安で購入できるため低価格でサイト運用をしたい方からはとても人気があります。ただ、ごく稀に「.xxx」というポルノ向けドメインと誤って認識する人もいるため安いからという理由だけで飛びついてしまうと誤解される可能性もあります。

総合的なブランド力で考えると「.com」。国内最強ドメインは「.co.jp」です。どの企業を見ていても「.com」が空いたら即取得するパターンが多いので「.com」が一番人気なのは間違いありません。過去に高額で落札されたドメイン10位もすべてが「.com」なので「.net」よりも人気が高く希少価値が高いドメインです。

3. コスト面で考えた場合

維持費がもっとも安いドメインは「.com」です。ごく稀に数百円で取得できる変わり種のドメインもありますが翌年以降の維持費は急激に価格が上がるのでよく見ておきましょう。さきほど紹介した「.xyz」も数十円で取得できるドメインレジストラはありますが翌年以降が毎年3000円などへ変わります。

4. 柔軟性で考えた場合

ドメインには柔軟性という考え方があります。たとえば「.jp」で運営している会社があったとして、グローバルに進出したいとしたら『各言語でウェブサイトを翻訳したデータ』が必要となります。もし仮に「.jp」を基準としている企業だった場合は下記の「日本語」を基準とした構成になるでしょう。

<グローバル化前>
日本語 https://example.jp

<グローバル化後>
日本語 https://example.jp
英 語 https://example.jp/en
中国語 https://example.jp/ch

逆にもし「.com」をベースに運営するなら以下の構造が考えられます。

<グローバル化前>
日本語 https://example.com

<グローバル化後>
日本語 https://example.com
英 語 https://example.com/en
中国語 https://example.com/ch

このときに見落とせないのは「日本語」をベースにするか「英語」をベースとするかの違い。日本への強い思い入れがあれば「日本語を基準」と考えますが、あえて「英語を基準」にするのも1つの方法です。

<グローバル化前>
日本語 https://example.com

<グローバル化後>
英 語 https://example.com
日本語 https://example.com/jp
中国語 https://example.com/ch

良くも悪くも「.jp」はドメインから日本企業だと認識されてしまいます。一方「.com」はcommercial(商用)であることしかわからないのでページの表示言語は「日本語」でも「英語」でも違和感がありません。

特に「.com」を優遇して伝えたいわけではなくて「.com」とう文字列には「国を示す効果がない」ので良い意味でバランスの取れた中立的なドメインという位置付けになります。すべては考え方次第です。

5. こだわりで考えた場合

もし仮に「.le」というドメインが存在したとして御社の社名が「EXAMPLE」なら「https://examp.le」という表記にするブランディングも可能です。以前にご紹介した「https://fra.me(フレーム)」も同様です。ドットミーというドメインを使って「FRAME」を名乗れるとしたら考え抜いたドメイン表記なので価値はあります。

まとめ

個人的には「https://fra.me」といった表記がとても好みです。ワードプレスで言えば「http://word.press」も抑えられています。実際に「http://word.press」にアクセスすると「https://wordpress.org」に転送されます。ワードプレスでは当然ながら「wordpress.net」も取得済みです。ここまで来るとさすがとしか言えません。

特にワードプレスの場合は「商標」も想像以上にガチガチで「ワードプレス〜」という名前を名乗ること自体が禁止されていたり、ドメインで「wordpress.xyz」などを取得することも許されていません。

この点はワードプレスが主軸にしている「オープンソースビジネスならではの徹底したルールづくり」です。ドメインの取得は割と奥が深いです。あなたが将来的に目指している方向性から定めてみてください。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する