三井住友カードを名乗る不正メールに注意しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日ふと迷惑メールフォルダをチェックしていると「三井住友カード」からお知らせが届いていました。なぜ迷惑メールフォルダなのかなと疑問に思いながら本文を読むと謎が解けました。結論から言えば完全なフィッシングメールでした。ぱっと見では騙されてしまいそうな雰囲気だったのでご紹介いたします。

三井住友カードを名乗る不正メールに注意しましょう

本題へ入る前に1つ見比べてほしい文字があります。

1. smbc
2. srnbc

両方とも同じ文字に見えた人は要注意です。1は「SMBC」そして2は「SRNBC」です。小文字で書くと両方ともすごく似ていますよね。今回のメールにも同様の表現が使われていました。

・smbc(SMBC)
・srnbc(SRMBC)

小文字で書くと見た目はほとんど同じ。太文字にすると違いがわかりやすいですね。以下がメールの宛名。

そしてメールタイトルと本文の一部が下記です。

念のためURLは非表示にしておきます。メール中段のURLリンクを2つが「srnbc-card」となっていますよね。

見にくいので少しだけアップ。少し遠目で見たらほぼ「smbc」に見えますよね。しかも最下部は本物のURL。

送り主の表記は無関係のドメインが使われています。ドメインは九州にある会社の所有物なので無断使用です。

SPFも「NEUTRAL」扱いでした。IPアドレスを逆引きで調べてみると「香港」。もしかしたらプロキシをかまして送信国も変更しているかもしれません。迷惑メールフォルダへの分類はさすがGmailですね。

送信元はサーバーの暗号化もされていませんでした。怪しさ満点。今回はGmailに届いていたのでフィルタリングが効いて迷惑フォルダに直行。一般的なメーラーであれば通り抜けていた?のかもです。

メール本文のURLや宛名をチェックすると大体は判断できるので、怪しいなと感じたらクリックはせず、よく調べることをおすすめいたします。迷惑メールは百害あって一利なしです。注意しておきましょう。

【今すぐ無料プラグインを手に入れる】
無料ダウンロードはこちら

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報はもちろんお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

💻受講料無料でプログラミング習得

⇒ 完全無料のプログラミングスクール - 手に職をつけて安定的に働きたい人へ -

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください