ワードプレスを0円運営したいあなたに最適!完全無料で独自ドメインを取得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は業務メモです。無料でドメインを取得する方法をご紹介いたします。無料ドメイン取得サービスは複数ありますが本記事ではFreenomドメインをご紹介いたします。サービスによっては新規アカウント作成を一時的に中断している時期もありますので万が一タイミングが被ってしまった場合はその他無料ドメインサービスをチェックしてみることをおすすめいたします。

ドメインを取得する手順

アカウント作成が完了したらメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

ログインができたら「Register a New Domain」をクリック。

次にドメインを入力しましょう。下記は「wp-check-site」という文字列にしました。ボタンをクリックしましょう。

いくつか候補が出てきたので「wp-check-site.ga」を選びました。右側の「Get it now!」をクリック。

次に「Checkout」を押しましょう。

下記が確認画面です。標準だとドメインの利用期間が「3Months(3ヶ月)」となっています。

期間は1ヶ月〜12ヶ月までなら無料で選べます。期限後の更新も無料です。選んだ期日がすぎる15日前に更新確認メールが届きますので継続してドメインを使用する場合は更新すれば問題ありませんのでご安心ください。

確認画面でDNS設定を変更していきましょう。DNSはドメイン(wp-check-site.ga)をレンタルサーバーと紐づける設定です。

次に「Use your own DNS」のタブを押してください。

そしてNameserver側に契約するレンタルサーバーが指定するDNS値を入力。下記では広告が入らない無料のレンタルサーバー「000webhost」のDNSが設定されています。念のためコピペできるようにDNSを表記しておきます。

NS01.000WEBHOST.COM
NS02.000WEBHOST.COM

無事、入力ができたら「Continue」をクリックしてください。

最終確認画面が表示されます。料金は$0.00(0円)になっていますね。

チェック項目を有効にしたら「Complete Order」をクリックしましょう。

以上でドメインの申し込み、発行が完了となります。

DNSを設定済みの独自ドメインが発行できたのであとはレンタルサーバー側でドメイン設定をしてワードプレスをインストールするだけですね。広告が一切入らない無料レンタルサーバーでワードプレスを立ち上げる方法は後日解説させていただきます。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する