Basic認証について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、WPホームページ研究所の運営サポートチーム(@WP_LABO)です。

本日はウェブサイトに鍵を設定する「ベーシック認証」について解説いたします。

Basic認証について

サイト制作では「公開までパスワード保護すること」があります。ベーシック認証をかけたページURLを開くと下記の通りユーザー名とパスワードが求められます。情報を入力すると画面にアクセスできます。

認証画面はブラウザによっても見た目が変わります。下記はOperaブラウザで開いた場合の画面ですね。

上記の通り日本語や英語またはメッセージが最小限だったりブラウザによって表示パターンは色々とあります。

ベーシック認証は「ウェブサイトの公開タイミングで外す」のが一般的です。あくまでも一時的にウェブサイトを非公開化するための技術なのでそれほどセキュリティ性が高いわけでもありません。ちなみにワードプレス側でパスワードを設定することもできます。念のため以前に書いた記事のリンクURLも貼っておきますね。

公開準備中のワードプレスをパスワード認証式にして非公開サイトへ変更してしまうプラグイン「Password Protected」

もし研究所へ案件のご相談をいただき作成している途中のウェブサイトにパスワード設定がされている場合は上記いづれかの認証を導入しているということになります。検索エンジンの登録を考えてあえてオープン状態で作業を進めることもあるのでパスワードを設定するかどうかは案件によってもケースバイケースです。

ぜひご参考くださいませ。

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録済みのプラグインだけで全機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグインを無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する

ワードプレス専門家に丸投げする

WPホームページ研究所はワードプレスを中心としたブログ作成・ホームページ制作・オウンドメディア構築・プラグイン設定・調整など幅広いカスタマイズに対応しております。 記事の掲載情報だけでなくお好みの機能をいただければ専属スタッフが心を込めて真摯に対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの種類をお選びください(もっとも近い項目)

法人の場合は法人名とご担当者のお名前をご入力ください

返信時のご連絡に利用するメールアドレスをご入力ください

運営中のウェブサイトURLがあればご入力ください

お困りの内容があれば詳しい内容をお聞かせください