コンテンツマーケティングに取り組む企業が得られる3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は集客の要である「コンテンツマーケティング」について解説させていただきます。カンタンに言うとコンテンツマーケティングは「コンテンツ」を軸にした集客活動です。主にオンラインで行われます。

コンテンツマーケティングに取り組む企業が得られる3つのメリット

本記事では企業や個人の方がコンテンツマーケティングに取り組むことによって得られるメリットについて深掘りしていきます。もちろん、デメリットも含めて総合的に網羅していますのでご安心ください。メリットを3つにわけると以下があります。まずはメリットを箇条書きしておきますね。

1. 導入ハードルが低い割に集客効率が高く作成したコンテンツは資産として蓄積する(圧倒的な拡張性)
2. 広告課金モデルと直接課金モデルを理解すればどんな業種にでも横展開ができる(柔軟に設計できる)
3. 時間かお金がかかるというデメリット面以外で考えるとほとんどがメリットである(仕込み方が重要)

詳しくは以下で詳細に触れていますのでお時間がある際にぜひご一読くださいませ。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは「コンテンツ」という価値を提供して、信頼関係を構築する行動を指します。もちろん最終的には利益へと結びつかなければ活動を維持できないため目的は「集客」にあります。

わかりやすく「Youtuber」で考ましょう。動画投稿者は無料で「動画(コンテンツ)」を公開しています。ユーチューブでは動画そのものが「コンテンツ」なので、閲覧者は『公開された動画』に価値を感じてファンになるという仕組みになっています。投稿者との間に生まれた信頼関係は広告費として投稿者へ還元されます。

そして「コンテンツ」にはあらゆる種類・形式があります。まず種類は動画、個人ブログ、ニュースサイト等がありますよね。そして次が形式。動画の中身は「映像と音声」の組み合わせです。そしてブログやニュースサイトは「文字と画像」。どちらにしても“コンテンツ”という価値を届けている状況に変わりはありません。つまり「価値のあるコンテンツを届けること」はすべてコンテンツマーケティングと言えます。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングにはさまざまな種類があります。先述した通り「Youtubeの動画投稿者」は言い換えると「コンテンツマーケティングに取り組む人」です。コンテンツ(動画)を公開してファン(閲覧者)を集めているのがYoutuberなのでコンテンツをマーケティングに使っているのと意味は同等です。

コンテンツマーケティングの種類を出すとキリがないですが洗い出しておきます。

・ブログ
・オウンドメディア
・ソーシャルメディア
・ランディングページ
・ニュースレター
・ウェブサイト全般

ブログには個人ブログ、Vlog等あらゆるブログメディアが含まれます。オウンドメディアにはニュースサイトもあれば専門の情報サイトも含まれます。ソーシャルメディアにはTwitterやInstagramやYoutube等々。

そしてランディングページは縦長の販売向けサイトです。ランディングページの目的は閲覧者にサービスに申し込んでもらうことなので大枠で見れば「サービスをコンテンツとして届けている」わけです。

ニュースレターはメルマガと同意語です。メールという技術で読者との信頼関係を築くので1種のコンテンツマーケティングとなります。ウェブサイト全般には企業向けホームページや趣味サイトも含まれます。

つまり、どういった形式であっても「情報という名のコンテンツを届けて信頼関係を築く」という構図である以上は『すべてがコンテンツマーケティング』と言えます。もしかしたらあなた自身も知らない間に「コンテンツマーケティングに取り組んでいた!」ということもあるかもしれません。

効果の出るコンテンツマーケティングって本当にあるの?

大切なのはここからです。ずばり「コンテンツマーケティング」って効果があるの?というところ。

結論から言えば「コンテンツマーケティング」は効果があります。もう少し正確に言えば「効果が出る」ようにしっかり設計をしなければなりません。仮に「広告課金モデル」で成果を出したいとしましょう。

そうなればYoutubeに動画を投稿し続けて、広告を設定する必要がありますよね。もしいくら動画を投稿しても広告を設定しなければただ一方的にコンテンツを提供しているだけで、利益が生まれません。

逆に「直接課金モデル」で成果を出したいなら、個別の販売商品が必要になってきます。もし商品がない状態でオウンドメディアを立ち上げていくら集客しても「売りたい商品」がなければ意味がありません。

広告課金、直接課金のどちらを選ぶかで全体の設計は大きく変わってきます。両方に共通して言えることは「ゴール(目的)」から逆算して「コンテンツを届ける工夫(手段)」が必要になるという点です。

信頼関係を築いたあと「最終的に何を手にとって欲しいのか?」この部分がキモとなります。コンテンツマーケティングでは日々の積み重ねでコンテンツの価値を高め続けていく行為にこそ意味があるわけです。つまり無駄にコンテンツを作り続けるのではなく意図的にコンテンツを作成できるかどうかが成果の分かれ目です。

コンテンツマーケティングの優れた点

コンテンツマーケティング最大の強みは「同じ属性の見込み顧客を集められる点」にあります。つまり『同じことに興味を持っているユーザーを集められる仕組み』こそコンテンツマーケティングの本質です。

もし仮にあなたが八百屋さんを運営しているなら「肉好きな人」を集めるより「野菜好きな人」を集めた方がお店の商品を買ってもらえる可能性は高くなりますよね。

カンタンに言えばコンテンツマーケティングは八百屋さんが「野菜好きに直接アプローチ」できる仕組みです。ラジコン屋さんだったら“模型や電子機器が好きな人”を集めた方が購入確率は上がります。ホームページ制作会社が求人を出す際にもプログラミングやWebデザインに興味を持っている人とつながると早いですよね。


コンテンツマーケティング
×
コンテンツマーケティングではない
野菜の美味しい食べ方を配信する 店舗で使える割引クーポンを配布する
ラジコンショップが「模型メルマガ」を送る ラジコンショップが店舗内にポスターを貼る
制作会社が開催するプログラミングセミナー 制作会社の営業部が訪問販売に取り組む

コンテンツマーケティングに取り組むうえでのデメリット

上記ではコンテンツマーケティングの特徴やメリットについて詳しく解説させていただきました。ここでは逆の側面(デメリット)をご紹介いたします。メリットがあれば反面でデメリットもあります。

コンテンツマーケティングでのデメリット1つ目は「集客設計を間違えると効果が出ない点」です。

先述した通り八百屋さんがコンテンツマーケティングを仕掛けるなら「肉好きな人」を集めてもあまり意味がありません。意味がないというと言い過ぎですが見込み顧客の属性は違うので効果は薄くなります。

そして2つ目は「コンテンツを作成する時間が必要」という点です。

コンテンツマーケティングは字のごとく「コンテンツを使ってマーケティング活動に取り組む手法」。そのため基本的にコンテンツは独自制作する必要があります。もちろん、外部ライターさんに依頼して運営コンセプトに合ったブログ記事を書いてもらったり、動画配信で使うための脚本・構成を作ってもらっても構いません。

重要なのは「読み手や聞き手」となる来訪者ユーザーを学びにつなげる工夫です。当然嘘はいけませんし、できる限りリアルな情報を届ける必要があります。となれば必然的に普段の勉強量も増えますよね。

コンテンツマーケティングの取り組み方は大きく2つです。たっぷり時間をかけて自分で取り組むか、しっかりと予算をかけて周りの協力を得ながら1つずつ着実に進めていくかです。どのみち「向き合った期間」が長ければ長いほどコンテンツとしての質も高まっていき、成果は出やすくなるので考え方がもっとも重要です。

今注目されている最新のコンテンツマーケティングについて

お察しの通り「コンテンツマーケティング」はすごく大きなくくりの話です。当たり前ですが最終的な目的は売り上げを拡大していくことでしかありません。そのために「コンテンツ」を使って「マーケティングする」。そして1人でも多くの方に存在を知ってもらうきっかけを作り出し次の一歩へとつなげるわけです。

始める入り口としては、まず「コンテンツ」には何を使うのか?が重要となります。

他社が構築している外部サービスのソーシャルメディア(Instagram/Twitter/Youtube)を使うのか、自前で準備するオウンドメディア(自社Webサイト)を使うのか、それとも両方を併用するのか、などなど。

そしてコンテンツを発信するメディアが決まったら方向性も定める必要があります。

もし自社Webサイト(オウンドメディア)を使うのであれば、発信の主体を文字(テキスト)で行うか、それとも動画(映像)で行うのか、または画像や映像や文字をすべて使いながら作り込んでいくのか。

今注目されているコンテンツマーケティングは「動画」を主体としている切り口が多いです。動画が注目される理由はソーシャルメディアとして「Twitter(文字がメイン)→ Instagram(画像がメイン)→ Youtube(動画がメイン)」と少しずつWebのサービスが推移してきている業界の背景も絡んでいるからです。

まとめ

先述の通りコンテンツマーケティングは「ゴールから逆算した全体設計が命」です。

もし(現時点で)ソーシャルメディアの中心にあるYoutubeの動画を軸とするなら、Youtube発信だけで広告収益を目指すモデルにするのか、それともYoutube発信と自社Webサイト(オウンドメディア)の併用でYoutubeをアクセス獲得だけのコマーシャルとしての位置付けにするのかも綿密な計画が必要となります。

もう一歩踏み込むと、あなた自身がターゲットにしている見込み顧客が何に興味を持っているのか?といった視点も考えなければなりません。あらゆる角度から物事を客観的に分析する力が鍵となるでしょう。

物事を1つの側面から見るのはとてもカンタンです。しかし、発信者・受信者という観点からも2つの目線が存在しているように、性別の違い(男性女性)でも、育ちや職種など視点はさまざまあります。

とは言っても、すべてをごちゃまぜにすると「誰にも興味を持ってもらえないコンテンツマーケティング」になってしまい目指していたゴールはどんどんと遠くへ離れていくのも事実です。ゴールから逆算して目標をしっかりと定めて的確に売り上げを伸ばしていけるコンテンツマーケティングを仕掛けていきましょう。

以下の記事も参考になりますのでぜひ併せてご参照くださいませ。

【超重要】今さら誰にも聞けない「マーケティング」と「ブランディング」の違い

最新式の無料プラグインを事前公開

WordPressは公式サイトに登録されているプラグインだけでは機能を補足しきれません。当サイトでは使いやすさを追求した魅惑的なプラグイン無料でダウンロードいただけます。運営ホームページのマーケティング力をさらに高めるチャンスです。まずは無料でDLしてお試しくださいませ。
改良されたプラグインを確認する